ファッション

ユニクロの銀座新グローバル旗艦店は6月19日オープン 内外装はヘルツォーク&ド・ムーロン

 ユニクロは6月19日、東京・銀座に、「LifeWearのすべてをここに」をコンセプトとする新しいグローバル旗艦店、「ユニクロ トウキョウ」をオープンする。内装・外装は、プリツカー賞を受賞したスイス出身の建築ユニットで、ロンドンのテート・モダン近現代美術館なども手掛けたヘルツォーク&ド・ムーロン(Herzog & de Meuron)がデザインする。

 マロニエゲート銀座2の7階にあった「ユニクロ マロニエゲート銀座店」を1~4階の4フロアに移転・拡大する。売り場面積は吹き抜けを含めて約4950平方メートル。ウィメンズ、メンズ、キッズ、ベビー商品を扱う。当初は5月15日のオープンを目指していたが、新型コロナウイルス感染拡大に伴い、スケジュールを後ろ倒しした。これで、同社が“戦略3店舗”として今春出店を予定していた、横浜、原宿、銀座の新店全てがそろうことになる。

 4月上旬にオープンした横浜の「ユニクロ パーク横浜ベイサイド店」、6月5日オープン予定の「ユニクロ 原宿店」と共に、「ユニクロ トウキョウ」も佐藤可士和がトータルクリエイティブディレクターを務めている。「銀座のランドマーク的な場所にあり、ユニクロの顔になるようにと『ユニクロ トウキョウ』と命名した。高品質・高機能な商品をゆったりと見せる」と佐藤。「再開発が進む銀座・有楽町エリアへのさらなる出店は、ユニクロの出店戦略として重要かつ大きな挑戦」「銀座・有楽町エリアのお客さまの流れを変える」と、広報担当者は期待を込める。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら