ファッション

ユニクロが挑む“デスティネーションストア” 横浜、原宿、銀座店を佐藤可士和がディレクション

有料会員限定記事

 「ユニクロ」は4〜5月にかけて、“戦略3店舗”を横浜、原宿、銀座にオープンする。 ユニクロ日本を率いる赤井田真希最高経営責任者が「“LifeWear”や“MADE FOR ALL(あらゆる人のための服)”など、ブランドのビジョンを具現化し伝えていく重要な役割を持つ」と語るこの3店舗の総合エグゼクティブ・クリエイティブ・ディレクターを務めるのは、佐藤可士和サムライ代表だ。「ユニクロ」の狙いや、それを昇華させる佐藤のアプローチ方法を探る。(この記事はWWDジャパン2020年4月6日号からの抜粋です)

 佐藤は2006年に「ユニクロ」の世界戦略におけるクリエイティブ・ディレクターに就任。ニューヨーク・ソーホー、ロンドン、パリ、上海、心斎橋、銀座、NY五番街など都心の一等地にグローバル旗艦店を出店する際に重要な役割を担ってきた。さらに、「ビックロ」や吉祥寺店などの“グローバル繁盛店”、貴金属工場跡をリノベーションしたパリのマレ店などもディレクションしてきた。

 一方で、「地方や郊外などでもわざわざ行きたくなる店を作りたいと、何年も前から“デスティネーションストア”構想を柳井正ファーストリテイリング会長兼社長らと練ってきた」と振り返る。デスティネーションとは目的地のことで、デスティネーションストアとは、“その店だけを目的に来店する店”、つまりは、わざわざ買い物に行こう思わせる“選ばれる店”と言える。

この続きを読むには…
残り1907⽂字, 画像5枚
この記事は、有料会員限定記事です。
紙版を定期購読中の方も閲覧することができます。
定期購読についてはこちらからご確認ください。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

テーラード一強に変化 2023年春夏のメンズトレンドを徹底分析

「WWDJAPAN」8月8・15日合併号は、2023年春夏メンズ・コレクション第2弾として、パリやミラノなどのコレクション取材から見出したトレンドを一挙紹介します。今シーズンはメンズの一大トレンドだったテーラードの勢いが分散され、変化の兆しが見えました。

詳細/購入はこちら