ニュース

花王が4月後半から消毒液を20倍増産へ まずは病院などの需要に対応

 花王は、品薄が続く衛生関連製品の新たな生産・供給体制の構築を進め、4月後半からこれまでの20倍以上の増産が可能になったと発表した。

 新型コロナウイルス感染症予防として衛生関連製品(特に消毒液)は1月後半から需要増が続いていた。そこで、生産可能な工場を全て活用することや、既存容器の緊急活用による詰め替え品の提供、ボトルの一部自製化などを行うことで増産が可能に。まずは病院・施設などひっ迫する需要に対応する。

 また、日本以外でも消毒液の生産を開始する。病院などへの寄贈品の生産をドイツから行い、その後は各地域へ生産を拡大していく予定。