ファッション

ワールド20年3月期は5期ぶり営業減益 今期は赤字転落予想

 ワールドの2020年3月期連結決算(国際会計基準)は、本業のもうけを示すコア営業利益が前期比19.9%減の130億円で、5期ぶりの減益となった。主力のブランド事業において下期(10~3月)の消費増税と暖冬、新型コロナによる販売不振が響いた。売上高に相当する売上収益は同5.4%減の2362億円、純利益は同12.6%減の80億円だった。

 ブランド事業は売上収益が同4.6%減の2145億円、コア営業利益が同21.3%減の73億円だった。百貨店で展開する「インディヴィ(INDIVI)」などミドルアッパーブランドは付加価値の高い商品開発、SC向けの「オペーク ドット クリップ(OPAQUE.CLIP)」などミドルロワーブランドは在庫コントロールと値引き抑制に注力した。上期(4~9月)に限れば2ケタの営業増益だった。

 デジタル事業は売上収益が同1.0%増の103億円、コア営業損益が4億4600万円の赤字(前期は8億8500万円の黒字)だった。シェアリングやカスタマイズ関連のM&Aなど先行投資がかさんだ。期中には、オーダーシャツ専門ECを運営する米オリジナル社(19年4月)、高級バッグサブスクのラクサス・テクノロジー(11月)を傘下に収め、ゴードン・ブラザーズとの合弁事業でオフプライスストア業態「アンドブリッジ(& BRIDGE)」の1号店を9月に大宮、2号店を3月に相模原に出した。

 プラットフォーム事業は、ライフスタイルストアの「フラクサス(FLAXUS)」の終了(1月)などにより同24.0%の減収(111億円)だったものの、プラットフォーム外販の拡大などが寄与しコア営業利益が23.2%増の20億円だった。

 新型コロナの影響により、同社は4月30日時点で全店舗の9割にあたる2227店舗を休業している。その影響が長引くとみて、21年3月期の連結業績は、売上収益が前期比15.8%減の1990億円、コア営業損益が52億円の赤字、純損益が60億円の赤字を予想する。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら