フォーカス

連載「今、デザイナーができること」Vol.5 山岸慎平「自分が得意とすることで少しでも楽しめる何かを作りたい」

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界中で不透明な状況が続いている。そんなときに、ファッションは何ができるのか。生産者から販売員まで業界全体が不安を抱えている状況に、ファッションデザイナーたちは何を思うのか。日々変化する状況に対応しながら、それでもファッションの力を信じ続けるデザイナーたちの声を連載で紹介する。今回は、2018年から海外でコレクションを発表している「ベッドフォード(BED J.W. FORD)」の山岸慎平デザイナーが、不安やもどかしさを抱えながらも前に進もうとする正直な思いを明かした。

BED J.W. FORD
山岸慎平デザイナー

Q.今、デザイナーができることは?

A.個人的には、無力な気持ちにさせられた。自分の得意なことやできることが、今は何の役に立つのかと真剣に考えている。誰かを勇気づける歌もうたえず、気持ちを和らげるような面白いことも言えないが、せめて楽しみにしてもらえるようなことを微力ながら一つでもいいから作りたい。デザイナーである前に一人の人間として、無力なまま終わりたくない。


【自社での動き】

 映像を用いた企画や、国内でのイベントを計画しているという。また商品についての質問があれば、インスタグラムの公式アカウントや山岸デザイナーの個人アカウントで受け付けている。「店舗スタッフの代わりになれるとは思っていないが、少しでも店や顧客の力になりたい。サイズ感や生地、縫製、コーディネートなど、何でも聞いてほしい。個人としてできることは少ないが、だからこそできることを大切にしたいと思う」。