ビューティ

追記:メンズコスメの「バルクオム」がヨーロッパに進出 フランスとイギリスで販売開始

 【追記3月18日】新型コロナウイルスによる影響で3月20日から予定していた「バルクオム」のフランス、イギリスでの販売を延期します。販売予定の百貨店の一時閉鎖の可能性があること、物流がストップする可能があることが理由です。また販売時期に関しては今のところ未定で、現地の状況を継続的に把握した上で決定します。

 メンズスキンケアブランド「バルクオム(BULK HOMME)」は、3月20日からフランスとイギリスで製品を販売する。2013年のブランドデビュー時から掲げている“メンズスキンケアブランド世界シェアNo.1”という目標に向けてヨーロッパ進出は必須と捉え、東京オリンピックなどで世界中が日本に注目する20年にフランス、イギリスで展開することを決めた。また同時に、現在はプラスチック素材を使用しているクリアケースの外箱を、FSC認証の紙素材のものにリニューアルする。

 「バルクオム」の海外展開は17年に台湾に進出し、その後中国、韓国、香港とアジアを中心としてきた。並行して19年6月に、パリ・サンジェルマンFCのキリアン・エムバペ(Kylian Mbappe)選手をグローバルアンバサダーに起用するなど、これまでヨーロッパ進出へ向けてこれまで準備を進めてきた。その結果、19年の1年でヨーロッパの国々から100件以上の反響や問い合わせがあったという。

 主な販売チャネルは、ロンドン発デジタルガジェット体験型セレクトショップ、スマーテック(SMARTECH)が出店する百貨店、パリの百貨店のプランタン・オスマン(PRINTEMPS HAUSSMANN)本店、ロンドンの百貨店のセルフリッジ(SELFRIDGES)など。21年3月までにフランスとイギリスでの取り扱い100店舗を目指し、百貨店のような高価格帯の店舗を中心に、デパートコスメなどを取り扱う化粧品専門店への展開を予定している。

 加えてヨーロッパ進出を機に、グローバルスタンダードとなっている地球環境に配慮したサステナビリティへの取り組みを開始。まずは、最初の取り組みとして、全製品の外箱をプラスチック素材のクリアケースからFSC認証紙素材を使用した紙箱にリニューアルすることを決定した。これにより、年間約45.93トン以上のプラスチックの使用削減となる(「バルクオム」の18年出荷本数実績より算出)。紙箱を使用した製品は、20年3月のフランス販売開始を機に年内にも日本国内での流通を目標とする。

最新号紹介

WWD JAPAN

CEO特集2021 ファッション&ビューティ47社に聞く「2040年のビジョン」

1月25日号は「CEO特集2021」を大ボリュームの108ページでお届けします。毎年恒例の特集ですが、今回はファッション企業19社、ビューティ企業28社の経営トップが登場し、「2040年のビジョン」を語ります。リーダーたちは目の前のコロナ危機に対応しつつ、その先にある長期的な企業像をどう描くのか。ビジネス戦略はもちろん、日本を代表する有力企業のカルチャーや経営トップのキャラクターが垣間見ることがで…

詳細/購入はこちら