ニュース

サッカー仏代表のエムバペが「バルクオム」のアンバサダーになった理由は? 初来日記者会見で語る

 メンズスキンケアブランド「バルクオム(BULK HOMME)」のグローバルアンバサダーに就任するにあたり、初来日を果たしたサッカー・フランス代表のキリアン・エムバぺ(Kylian Mbappe)が6月19日に記者会見を行った。

 会見でエムバペは、「野口(卓也バルクオムCEO)さんとは何度も話し合いをし、共通の価値観を持っていると感じ、協力したいと思った。製品も使用させてもらった。全部がお気に入りだけど、特に『フェイスウォッシュ』がいい。僕はスポーツをやっているけど、やっぱり洗顔は大事だと思う。男性も自信を持つためにスキンケアは大切。日本発の『バルクオム』もヨーロッパで成功すると思う」と語った。

 一方の野口CEOは、「『バルクオム』は世界No.1のメンズスキンケアブランドを目指しているが、今回、唯一無二の強力なパートナーを得た。製品を通して使う人が自分に自信を持ってもらえたらと考えている。今後は日本、アジアだけでなく、世界中の男性に自信を与えられるように、エムバペ選手と協力して世界中に『バルクオム』を浸透させていきたい」と語った。「バルクオム」は、台湾や中国、韓国、香港とアジアを中心に展開しているが、2020年中にはヨーロッパを含め、7カ国まで展開国を増やしていくという。

 ブランドの在り方に関してもエムバペ選手とディスカッションを重ねたという。「エコでサステイナブルなブランドであるべきという話になった。『バルクオム』もさらに地球環境に配慮した製品作りを目指してリニューアルも検討している。今後もエムバペ選手には重要なアドバイザーとして『バルクオム』をサポートしてもらいたい」と野口CEO。

 会見ではパリで撮影されたというブランドビジュアルやブランドムービーも披露された。「『バルクオム』のスタッフのおかげでリラックスして撮影に挑めた。できあがったビジュアルも期待通りで、とてもエレガント。満足している」とエムバぺ。

 また「バルクオム」はエムバペの社会貢献プロジェクト「インスパイアード バイ KMプロジェクト(INSPIRED by KM Project)」をサポートするほか、エムバペが所属するフランスのフットボールクラブ「パリ・サンジェルマンFC(Paris Saint-Germain Football Club)」とアジア地域でのパートナーシップを締結。契約は7月1日から2年間となる。

 会見の最後に初来日の感想を聞かれたエムバペは「日本人はすごく親切。またぜひ来たい。来年の東京オリンピックも楽しみにしている」とコメントした。