ニュース

メンズコスメの「バルクオム」がアメニティー事業参入

 メンズスキンケアブランドの「バルクオム(BULK HOMME)」は、2020年4月に開業を予定しているホテル「メズム東京、オートグラフ コレクション(mesm Tokyo, Autograph Collection)」(東京都港区海岸1丁目)とジェンダーレスコスメを共同開発し、全客室265部屋にホテルオリジナルパッケージのバスアメニティーを導入する。

 「バルクオム」は洗顔や化粧水、乳液などのスキンケアやヘアケア商品を展開する。13年に誕生して以来D2C(=Direct to Consumer、顧客直結型ビジネス)事業モデルで急成長している。18年2月からアメニティー事業を試験的に開始し、現在、国内のホテルを中心に約70の施設で展開している。20年以降に宿泊施設の増加が想定されることから、新規開業する同ホテルへの導入を契機として、認知拡大を目的にアメニティー事業を本格化させる。平均客室単価3万円以上のホテルを中心に、スパ、飲食店、美容サロン、ゴルフ場なども含めて年間70施設増を目標に新規導入を目指し、メンズスキンケア市場の規模拡大をもくろむ。また、同ブランドは男女を問わず満足感が得られる処方を採用していることから、「これまで女性向けブランドがメインだったバスアメニティー市場に新たな選択肢を提供したい」(木下達哉バルクオムアメニティ事業部部長)としている。

 「メズム東京、オートグラフ コレクション」は、「ホテルメッツ」などを運営するJR東日本グループの日本ホテルがマリオット・インターナショナルと初めて提携し、インバウンド需要を見据えて“TOKYO WAVES”をコンセプトにラグジュアリーホテルとして開業する。生沼久メズム東京総支配人は、「『バルクオム』は東京発の企業で、メンズスキンケアという切り口から新しいスキンケアの価値観を提唱している。東京から世界に向けて新しい価値観、本質的によいものを発信したいという理念が一致した」とコメントする。