ファッション

高橋悠介が新会社設立 10年勤務の三宅デザイン事務所は退所

 「イッセイ ミヤケ メン(ISSEY MIYAKE MEN)」のデザイナーを1月に退任した高橋悠介が、新会社CFCLを設立したことを発表した。併せて、約10年在籍した三宅デザイン事務所を退所したことも明らかにした。同氏は、2010年に文化ファッション大学院大学を修了し、同年イッセイ ミヤケに入社。13年に当時27歳でデザイナーに抜擢され、以降6年にわたり同職を務めていた。

 なお、「イッセイ ミヤケ メン」は後任デザイナーを立てずにデザインチームが引き継いでいる。また、同社は20年春夏に「イッセイ ミヤケ」のウィメンズデザイナーの交代も発表しており、メンズ、ウィメンズともに新体制をスタートさせる形となった。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら