ファッション

高橋悠介が新会社設立 10年勤務の三宅デザイン事務所は退所

 「イッセイ ミヤケ メン(ISSEY MIYAKE MEN)」のデザイナーを1月に退任した高橋悠介が、新会社CFCLを設立したことを発表した。併せて、約10年在籍した三宅デザイン事務所を退所したことも明らかにした。同氏は、2010年に文化ファッション大学院大学を修了し、同年イッセイ ミヤケに入社。13年に当時27歳でデザイナーに抜擢され、以降6年にわたり同職を務めていた。

 なお、「イッセイ ミヤケ メン」は後任デザイナーを立てずにデザインチームが引き継いでいる。また、同社は20年春夏に「イッセイ ミヤケ」のウィメンズデザイナーの交代も発表しており、メンズ、ウィメンズともに新体制をスタートさせる形となった。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら