ファッション

「オム プリッセ イッセイ ミヤケ」が青山に初の旗艦店

 イッセイ ミヤケは7月20日、「オム プリッセ イッセイ ミヤケ(HOMME PLISSE ISSEY MIYAKE以下、オム プリッセ)」の新たな路面店を東京・南青山に開く。場所は「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」「イッセイ ミヤケ メン(ISSEY MIYAKE MEN)」の複合店のすぐ隣で、代官山店に続く2店目の路面店となる。ブランド初の旗艦店として“ものづくりの現場が持つ驚きや楽しさを伝えること”をコンセプトに掲げ、商品ができるまでの過程などを見せることで「オム プリッセ」の魅力を発信していく。

 店舗面積225平方メートルの広々としたフロアには、「オム プリッセ」のほかに「132 5. イッセイ ミヤケ(132 5. ISSEY MIYAKE)」や「イッセイ ミヤケ ウオッチ(ISSEY MIYAKE WATCH)」などもそろえる。ショップの一角にはプリーツマシンやプレス機、ミシンなどの製造現場で使用している機材を設置し、服にプリーツ加工を施す技法を実際に見ることができる。プリーツマシンの稼働時間は8月4日までは連日14〜17時の間で、以降は毎週月、水、金曜の14〜15時となり、出来上がった服をその場で購入することも可能だ。製造工場のような素朴さと無機質でクリーンな雰囲気を融合した空間デザインは、吉岡徳仁が担当した。「時を経て作り出されたテクスチャーと未来的なマシンのコントラストを表現した空間には、実験的なテクノロジーと手仕事を融合させるイッセイ ミヤケの“ものづくり”が映し出されている」と吉岡はコメントする。

 店舗限定品として、全10色の長袖Tシャツ“COLORS”(1万4000円)やマルチカラーのカーディガン(2万5000円)、長袖Tシャツ(1万6000円)、半袖Tシャツ(1万4000円)を販売する。

 「オム プリッセ」は6月の2020年春夏パリ・メンズ・コレクションでもショーを発表するなど海外の売り上げも好調で、年内には海外初の路面店の出店も予定している。

■HOMME PLISSE ISSEY MIYAKE / AOYAMA
オープン日:7月20日
時間:11:00~20:00
住所:東京都港区南青山3-18-14

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッションで明るい世界を描こう 2022年春夏メンズ&21-22年秋冬オートクチュール特集

「WWDJAPAN」8月2・9日の合併号は、2022年春夏メンズ&2021-22年秋冬オートクチュールコレクション特集です。メンズでは、リアルショーを行った「ジョルジョ アルマーニ(GIORGIO ARMANI)」「ディオール(DIOR)」の現地取材に加え、デジタル発表でインパクトを残した「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」「プラダ(PRADA)」「バーバリー(BURBERRY)」など…

詳細/購入はこちら