ニュース

「イッセイ ミヤケ」のロンドン新店舗は吉岡徳仁がデザイン

 「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」は6月8日、ロンドンのメイフェア地区に新店舗を開く。内装はデザイナーの吉岡徳仁が“浮遊する彫刻と衣服”をテーマに手掛けた。パウダーコーティングを施した12mのスチールハンガーレールをはじめ、ガラス棚など服が浮遊しているように見える什器を配置する。

 同店では「プリーツ プリーズ イッセイ ミヤケ(PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE)」「オム プリッセ イッセイ ミヤケ(HOMME PLISSE ISSEY MIYAKE)」「バオ バオ イッセイ ミヤケ(BAO BAO ISSEY MIYAKE)」を扱う。

 店舗デザインを担当した吉岡徳仁は、1967年生まれ。桑沢デザイン研究所を卒業後、倉俣史朗と三宅一生のもとでデザインを学び、2000年に吉岡徳仁デザイン事務所を設立。デザインやアート、建築まで活動の幅を広げ、自然や人間の感覚をキーワードに実験的な手法でデザインする。「イッセイ ミヤケ」をはじめ、「エルメス(HERMES)」「スワロフスキー(SWAROVSKI)」「カルティエ(CARTIER)」など、国内外の企業とさまざまなプロジェクトで取り組んでいる。

■ISSEY MIYAKE / LONDON 33 BROOK
住所:33 Brook Street, London, W1K 4HG

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら