ニュース

「イッセイ ミヤケ」のロンドン新店舗は吉岡徳仁がデザイン

 「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」は6月8日、ロンドンのメイフェア地区に新店舗を開く。内装はデザイナーの吉岡徳仁が“浮遊する彫刻と衣服”をテーマに手掛けた。パウダーコーティングを施した12mのスチールハンガーレールをはじめ、ガラス棚など服が浮遊しているように見える什器を配置する。

 同店では「プリーツ プリーズ イッセイ ミヤケ(PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE)」「オム プリッセ イッセイ ミヤケ(HOMME PLISSE ISSEY MIYAKE)」「バオ バオ イッセイ ミヤケ(BAO BAO ISSEY MIYAKE)」を扱う。

 店舗デザインを担当した吉岡徳仁は、1967年生まれ。桑沢デザイン研究所を卒業後、倉俣史朗と三宅一生のもとでデザインを学び、2000年に吉岡徳仁デザイン事務所を設立。デザインやアート、建築まで活動の幅を広げ、自然や人間の感覚をキーワードに実験的な手法でデザインする。「イッセイ ミヤケ」をはじめ、「エルメス(HERMES)」「スワロフスキー(SWAROVSKI)」「カルティエ(CARTIER)」など、国内外の企業とさまざまなプロジェクトで取り組んでいる。

■ISSEY MIYAKE / LONDON 33 BROOK
住所:33 Brook Street, London, W1K 4HG

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年秋冬に売れたものは何だった? 特選、婦人服、化粧品の商況を取材/付録「WWDビューティ」2月号

「WWDジャパン」2月22日号は、「2020年秋冬に売れたものは何だった?」というテーマで特集を組んでいます。特選(ラグジュアリーブランド)、婦人服、化粧品という注目3市場について、20年8~12月の商況を有力百貨店やファッションビル、ショッピングセンターにそれぞれ聞きました。そこから見えてきたのは、“イエナカ”“高額品”“信頼の定番”“ワクワク”“コラボ”という5つの消費キーワード。ウィズ・コロ…

詳細/購入はこちら