ファッション

吉岡徳仁が最高賞を受賞 世界最高峰のデザインの祭典で

 デザインの祭典「ミラノデザインウィーク2017(MILANO DESIGN WEEK 2017)」が4月4〜9日、ミラノで開催された。会期中に発表された「ミラノデザインアワード2017(MILANO DESIGN AWARD 2017)」で、吉岡徳仁(TOKUJIN YOSHIOKA)が最高賞を受賞。1300以上の出展から40作品がノミネートされ、最も優秀な作品に選ばれた。

 吉岡は、今年設立70周年を迎えたLGとのコラボで「吉岡徳仁 x LG:S.F_センシズ・オブ・ザ・フューチャー(TOKUJIN YOSHIOKA x LG:S.F_SENSES OF THE FUTURE)」を制作。SFをテーマに、ミラノ・スーパースタジオ内で新作“ウォール・オブ・ザ・サン(WALL OF THE SUN)以下、ウォール”と“S.Fチェア(S.F CHAIR)以下、チェア”を展示した。光の壁“ウォール”を背景に、センサーで七色に変化する“チェア”を幾つも設置した幻想的なインスタレーションで多くの来場者を魅了した。

 吉岡は、デザイン・アート・建築などの分野で活躍。自然と人間の感覚をキーワードに実験的な手法でポエティックなデザインを手がけている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら