ニュース

インターセクト バイ レクサス−東京で「ミラノデザインウィーク 2015 」のインスタレーションの一部を展示

 「レクサス(LEXUS)」は南青山のインターセクト バイ レクサス 東京(以下、インターセクト東京)で「ミラノデザインウィーク 2015 」で展示した"レクサス−ア・ジャーニー・オブ・ザ・センシズ"の一部を展示する。同展は「レクサス」のデザインの根幹である"センシズ-五感"をテーマに、世界的に著名な空間デザイナーであるフィリップ・ニグロと国際的シェフの米田肇がコラボした体験型インスタレーション。その中から"レイン(RAIN)"がインターセクト東京で体験できる。同インスタレーションは米田が「レクサス」を雨の中運転した際に感じた爽快感と安心感から生まれた。天井から降る光の粒と雨音が、雨が降っている感覚を引き起こし、"雨の雫"を表現したスパークリングキャンディを口に含むと体の中に雨音が響き渡るような感覚に満たされる。会期は8月28日まで。