ファッション

デザインの祭典第56回ミラノサローネ国際家具見本市が開幕

 世界的家具の見本市である第56回ミラノサローネ国際家具見本市(SALONE DEL MOBILE.MILANO 以下、ミラノサローネ)が4月4日、ミラノ郊外の会場ロー・フィエラミラノで開幕した。

 今年は隔年で開催される照明に特化した見本市エウロルーチェ(EUROLUCE)も開催。オフィス見本市も開催されるなど、盛りだくさんの年だ。イースターの関係で通常より約1週間早い開幕となった今年。天候も良好で、開幕日には、イタリア共和国マッタレッラ大統領が来場した。

 ミラノサローネの新プレジデントに就任したばかりのクラウディオ・ルーティー(CLAUDIO LUTI)カルテル社長は、「ミラノは、デザイナーとプランナーが、創造性と、それを表現する力に唯一出会える場だ」とコメント。今年の出展者数は34カ国から約2000程度。一般公開日を含め会期は9日までになっている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら