ファッション

築132年の町屋を改装 イッセイ ミヤケが京都に初の路面店

 イッセイ ミヤケは、京都・三条の柳馬場通沿いに路面店イッセイ ミヤケ キョウト(ISSEY MIYAKE KYOTO)を3月17日に開く。敷地面積は251平方メートルで、築132年の町屋を改装した2階建ての構造。メンズが中心の商品構成で、1階では「イッセイ ミヤケ メン(ISSEY MIYAKE MEN)」「オム プリッセ イッセイ ミヤケ(HOMME PLISSE ISSEY MIYAKE)」「バオバオ イッセイ ミヤケ(BAO BAO ISSEY MIYAKE)」を主に取り扱い、1階奥に併設するギャラリー蔵(KURA)と2階にはグラフィック・デザイナーの田中一光の作品をモチーフにしたコレクション“イッコウ タナカ イッセイ ミヤケ(IKKO TANAKA ISSEY MIYAKE)”が並ぶ。

 店舗の空間デザインを手掛けたのは、プロダクトデザイナーの深澤直人。墨色を基調にし、内壁は落ち着いたグレーの膝喰(しっくい)で京都ならではの伝統と美を融合した趣のある空間に仕上げている。ギャラリーでは今後、日本の伝統技術やイッセイ ミヤケの衣服への取り組みに関する展示を行う予定だ。

■ISSEY MIYAKE KYOTO
オープン日:3月17日
時間:11:00〜20:00
住所:京都府京都市中京区柳馬場通三条下ル槌屋町89

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。