ビジネス

「ニナ リッチ」がギョーム・アンリの退任認める

 「ニナ リッチ(NINA RICCI)」は3月15日(現地時間)、クリエイティブ・ディレクターのギョーム・アンリ(Guillaume Henry)がブランドを去ることを認めた。2日(同)に発表した2018-19年秋冬コレクションに触れ、「あのコレクションを最後に、3年間のコラボレーションに終止符をうち、別々の道を歩むことを決めた」と発表。次のクリエイティブ・ディレクターを発表するまで、コレクションはインハウスのデザインチームが手掛けるようだ。

 ギョームは最後のコレクションで、「コレクションは情熱、そして真実が詰まった僕からのラブレター。ただの洋服かもしれないが、今シーズンは、僕が美しい女性に対して抱くあらゆるイメージを強調した」とコメントしている。

 ギョームは「ジバンシィ(GIVENCHY)」や「ポール・カ(PAULE KA)」などで経験を積んだ後の2009年、「カルヴェン(CARVEN)」のクリエイティブ・ディレクターに就任。「ニナ リッチ」でのクリエイションは、リアーナ(Rihanna)やジジ・ハディッド(Gigi Hadid)らのセレブに愛された。

 ギョーム退任のウワサは、18-19年秋冬コレクションの前日に浮上。メゾンは当初、このウワサを否定していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

スポーツを超えるランニングの魅力 表紙は「なこなこカップル」なごみさん【WWDJAPAN BEAUTY付録:美容・化粧品に強いPR会社リスト2024】

「WWDJAPAN」2月26日号は、“ラン&フィットネス“と題した恒例のスポーツ特集です。今年は改めてランニングにフォーカスし、市場動向から新たなトレンド、スタイリッシュなランナーのスナップを掲載します。コロナ禍以降“熱い“と言われるランニング市場は、本当に熱いのか。大手スポーツメーカーや小売店、レース登録のプラットフォームなどへの取材から考えます。ファッションやコミュニティーなど、スポーツ以外の…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。