ビジネス

「ニナ リッチ」がギョーム・アンリの退任認める

 「ニナ リッチ(NINA RICCI)」は3月15日(現地時間)、クリエイティブ・ディレクターのギョーム・アンリ(Guillaume Henry)がブランドを去ることを認めた。2日(同)に発表した2018-19年秋冬コレクションに触れ、「あのコレクションを最後に、3年間のコラボレーションに終止符をうち、別々の道を歩むことを決めた」と発表。次のクリエイティブ・ディレクターを発表するまで、コレクションはインハウスのデザインチームが手掛けるようだ。

 ギョームは最後のコレクションで、「コレクションは情熱、そして真実が詰まった僕からのラブレター。ただの洋服かもしれないが、今シーズンは、僕が美しい女性に対して抱くあらゆるイメージを強調した」とコメントしている。

 ギョームは「ジバンシィ(GIVENCHY)」や「ポール・カ(PAULE KA)」などで経験を積んだ後の2009年、「カルヴェン(CARVEN)」のクリエイティブ・ディレクターに就任。「ニナ リッチ」でのクリエイションは、リアーナ(Rihanna)やジジ・ハディッド(Gigi Hadid)らのセレブに愛された。

 ギョーム退任のウワサは、18-19年秋冬コレクションの前日に浮上。メゾンは当初、このウワサを否定していた。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら