ビジネス

プーチがファッション部門の新CEOを起用

 「キャロリーナ ヘレラ(CAROLINA HERRERA)」「ニナ リッチ(NINA RICCI)」「パコ・ラバンヌ(PACO RABANNE)」「ジャンポール・ゴルチエ(JEAN PAUL GAULTIER)」を擁するプーチ(PUIG)は3月28日、ホセ・マニュエル・アルベサ(Jose Manuel Albesa)=チーフ・ブランド・オフィサーをファッション部門の最高経営責任者(CEO)に起用した。4月3日から業務を始める。ラルフ・トレダノ(Ralph Toledano)前CEOの後任だ。トレダノ前CEOは1月に退任し、9月に新しい役職に就くまではしばらく休職するという。また、フランスオートクチュール・プレタポルテ連合会のプレジデントは継続する。

 アルベサ新CEOはすでに同社のフレグランス事業と「パコ・ラバンヌ」事業を管掌しており、新たに「キャロリーナ ヘレラ」「ジャンポール・ゴルチエ」「ニナ リッチ」を統括することになる。同社は近年ビューティ事業に投資し、順調に成長している一方で、今後はファッションを強化していきたい狙いだ。アルベサ新CEOにより、主力事業であるビューティとファッション部門のシナジーを図る。また、彼の統括下、今年度は売上高20億ユーロ(約2380億円)を目指す。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら