ファッション

三原康裕デザイナーがソスウの社長を兼務

 「メゾン ミハラヤスヒロ(MAISON MIHARA YASUHIRO)」「マイン(MYNE)」などを運営するソスウの陵本望援(おかもとのえ)・社長が3月31日付で退任し同社を退職する。4月1日付で三原康裕デザイナーが社長を兼務する。

 陵本・社長は、三原デザイナーと共にソスウを1994年4月1日に設立。陵本・社長は「20年間たくさんの方々に支えられ、私にとって誇れるかけがえのない財産となった。三原本人からは、『多くの挑戦と固定概念をなくすことや創造すること』を学び、深く感謝している。今後は外からとなるが、ソスウを応援していく」と書面を通じてコメントした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら