ファッション

「イッセイ ミヤケ」がミラノに旗艦店 190年前の邸館を改装

 「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」は3月、イタリア初となる旗艦店をミラノのバグッタ通りにオープンした。旗艦店には1826年から1831年に建てられた歴史のある邸館を選び、店舗デザインをデザイナーやアーティストとして活動する吉岡徳仁が手掛けた。「歴史と未来」をコンセプトに、歴史的な建造物とアルミニウム彫刻を対比させることで表現した。店舗面積は約500平方メートル。1階に6部屋、2階に6部屋を設け、1階中央のギャラリースペースで、テーマごとにさまざまな展示を行う。三宅一生は「ミラノはあらゆるクリエイティビティーが集まる街。その一部となれることを誇りに思う」とコメントしている。

 「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」「イッセイ ミヤケ メン(ISSEY MIYAKE MEN)」「プリーツ プリーズ イッセイ ミヤケ(PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE)」「オム プリッセ イッセイ ミヤケ(HOMME PLISSE ISSEY MIYAKE)」「バオバオ イッセイ ミヤケ(BAO BAO ISSEY MIYAKE)」「イチサンニゴ イッセイ ミヤケ(132 5. ISSEY MIYAKE)」「陰翳 イッセイ ミヤケ(IN-EI ISSEY MIYAKE)」「イッセイ ミヤケ パルファム(ISSEY MIYAKE PARFUMS)」「イッセイ ミヤケ ウォッチ(ISSEY MIYAKE WATCH)」「イッセイ ミヤケ アイズ(ISSEY MIYAKE EYES)」を取り扱う。

 ミラノサローネ期間中の4月4~9日は、吉岡徳仁デザイナーの新作を展示し、5日にはイベントを行う。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら