ファッション

イッセイ ミヤケの雑貨に特化した新業態 代官山にオープン

 イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE INC)は、同社のブランドの雑貨やウエアを集積した新業態「グッド グッズ イッセイ ミヤケ(GOOD GOODS ISSEY MIYAKE)」の路面店を東京・代官山に9月1日開いた。

 場所は旧山手通りのヒルサイドテラス裏の「オム プリッセ イッセイ ミヤケ(HOMME PLISSE ISSEY MIYAKE)」の隣。店舗面積94平方メートル、2層のフロアの店内は薄いグリーンのアルミニウムとコンクリートの壁のコントラストが未来的な雰囲気を醸し出す。壁面の斜めのスリットを利用して、棚やハンガーを自由な位置に動かすことができる仕掛けになっている。空間デザインはデザイナーの吉岡徳仁が担当した。

 オープン時には「ミー イッセイ ミヤケ(ME ISSEY MIYAKE)」の三角に折り畳み可能な“ビッグ ピラミッド プリーツ バッグ(BIG PYRAMID PLEATS BAG)”や「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」の組み立て・解体ができるレザーバッグ“ファントム(PHANTOM)”、「132 5. イッセイ ミヤケ(132 5. ISSEY MIYAKE)」のファスナーを閉めることで立体バッグに変化する“ラップ スエード バッグ(WRAP SUEDE BAG)”、「バオ バオ イッセイ ミヤケ(BAO BAO ISSEY MIYAKE)」のトートバッグや財布などの雑貨をラインアップする。月の満ち欠け、満月、三日月をイメージしたという浅葉克己による“GOOD GOODS ISSEY MIYAKE”のロゴ入りのユニセックスTシャツや、「132 5. イッセイ ミヤケ」のメンズシャツなどのウエアも一緒に販売している。取り扱いブランドやアイテムは適宜変化していく。

 同店のオープンを記念して「ミー イッセイ ミヤケ」のニットを圧縮して成型した“ソリッド バッグ(SOLID BAG)”のオレンジやレッド、グリーンなどの限定色、“ストライプ トランクプリーツ バッグ(STRIPE TRUNK PLEATS BAG)”の直線に凹凸のプリーツを入れたトートの限定柄、「イッセイ ミヤケ」のバッグ“ガストン(GUSTON)”のキャンバスタイプなどをそろえる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

MDの仕事を徹底解剖 3ブランドのMDに密着取材

「WWDJAPAN」2024年6月10日号は、MD(マーチャンダイザー)の仕事を特集します。一般的に「商品計画や販売計画を立てる人」と認識されていると思いますが、実際はどんな仕事をしているのか。これまで光を当てることがなかった、知られざる仕事の全貌を紹介します。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。