ファッション

「イッセイ ミヤケ」がデザイナー交代 「プリーツ プリーズ」などを経験した近藤悟史が就任

 「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」はウィメンズ・コレクションの新デザイナーに近藤悟史が就くことを発表した。近藤による新体制のデビューコレクションは、9月27日にパリで発表する2020年春夏コレクションになる。

 近藤デザイナーは1984年生まれ、2007年に上田安子服飾専門学校を卒業後、イッセイ ミヤケに入社。「プリーツ プリーズ イッセイ ミヤケ(PLEATS PLEASE ISSEY MIYAKE)」や「オム プリッセ イッセイ ミヤケ(HOMME PLISSE ISSEY MIYAKE)」のデザインチームを経て17年に三宅デザイン事務所に移籍し、創業者の三宅一生の指導の下、経験を積んできた。

 「イッセイ ミヤケ」前任デザイナーの宮前義之によるラストコレクションは2019-20年秋冬となる。12年春夏から8年間にわたってチームを率いてきた宮前は今後も同社で研究開発を進め、新たなプロジェクトを進めていくという。メンズのコレクション「イッセイ ミヤケ メン(ISSEY MIYAKE MEN)」は引き続き高橋悠介が手掛ける。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら