ファッション

プリーツがない「イッセイ ミヤケ」ショー!? 自由に形を変える新素材を発表

 「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」は28日、パリで披露した2019年春夏ウィメンズ・コレクションで新素材“ドウ ドウ(DOUGH DOUGH)”を発表した。ドウとは英語で“パン生地”を意味する言葉。その名の通り、丸めたり、ねじったり、伸ばしたりすることで、ぐにゃっと形を変化させることができる形状記憶素材だ。見た目はさらっとしていて、とても軽やか。ポリエステルの繊維を熱加工せずに生の状態で用いた。この “ドウ ドウ”シリーズを着用したモデルたちはランウエイを歩きながら、服や帽子を触り、自由に形を変えてみせた。

 ドレスの形は異なって見えるが、実は広げると全てのウエアが四角く、一枚のシートのようになっている。素材を発明した宮前義之デザイナーは「人間は手を使って歴史を作ってきた背景から、モノ作りの原点を考えた。今の時代だからこそ、“もっとファッションは自由でいい”ということを伝えたい。今日は僕らが形を提案したが、その先はお客さまが自由に毎日の生活の中で変えていってほしい」と語る。今後もこの素材の発展形を見せていく。

 躍動感のあるカラフルなペイント柄はホウキを使って描いた。「大きい筆を探していた時に、身近なものを使って身近にホウキがあったので採用した。従来、机で描くモチーフよりも、身体を動かしながら描いたので強い柄を作ることができた」と宮前デザイナー。今季のショーにはブランドの代名詞でもあるプリーツアイテムは登場しなかったが、今回の柄をプリントした定番のプリーツシリーズや“ベイクドストレッチ”、“スチームストレッチ”などのコマーシャルピースを店頭に並べる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

登山特集2024、多様化する山カルチャーを追え! 人気ガレージブランドや山道具店を取材

「WWDJAPAN」7月15日号は、“登山特集”です。登山人口はコロナからの回復を除いて長らく漸減が続いていますが、一方で「20〜40代の若年層が山に増えている」といった声も聞きます。新世代が山に増えたことで、従来の登山のあり方だったピークハント(山頂に登ること)以外にも、さまざまな山の楽しみ方が広がっています。変化の中にある登山市場を取材しました。 過去10年間で“ウルトラライトハイキング”(以…

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。