ニュース

ワークマン、8月の既存店売上高55%増 空調ファン付きウエアがヒット

 作業服のワークマンの8月度の既存店売上高は、前年同月比54.7%増だった。昨年後半から10〜30%台の高い伸び率が続いていたが、50%台に乗るのは初めて。客数は34.2%増、客単価は15.3%増だった。昨年9月スタートの新業態「ワークマンプラス(WORKMAN PLUS)」で知られるようになった高機能・低価格のウエアを求めて、「ワークマン(WORKMAN)」の既存店に訪れる客が増えている。

 8月は猛暑日が続いたため、空調ファン付き作業服がよく売れた。建設業などのプロ向けに開発された商品だが、今シーズンはアウトドアやスポーツ観戦にも対応したデザインを増やしたことで売り上げが跳ね上がった。そのほかにも冷感機能付きのコンプレッションウエア、接触冷感のアームカバーなど、熱中症対策品もよく売れた。