ファッション

「フェンディ」が「アンリアレイジ」とコラボ 2020-21年秋冬メンズで

 「フェンディ(FENDI)」は、イタリア・ミラノで13日(現地時間)に行った2020-21年秋冬メンズ・コレクションのランウエイショーで、「アンリアレイジ(ANREALAGE)」の森永邦彦デザイナーとのコラボレーションを発表した。「フェンディ」はシーズンごとにさまざまなアーティストと協業することで知られているが、日本人デザイナーとは初めて。

 コラボレーションアイテムはラスト4ルックで登場。「アンリアレイジ」が13年に発表した、太陽光で色や柄が浮かび上がるフォトクロミックを素材に使用した。モデルがリング状に配置されたライトの中央に立ち止まると、体の周り囲むライトが上下にゆっくりと移動し、真っ白や無地だった服に色や柄が浮かび上がった。 

 ランウエイに登場したのは同素材を使用したアウターとハット、バッグで、ほかにも複数のアイテムが制作されているとみられる。

 協業は、森永デザイナーが19年にLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)が若手を支援するために創設した「LVMHヤング ファッション デザイナー プライズ」のファイナリストに選出されたことがきっかけで、「フェンディ」が同氏にコラボレーションを依頼したという。

最新号紹介

WWD JAPAN

バーチャル空間に商機あり ファッションビジネスの可能性を探る

1月18日号は「バーチャル空間」特集です。世界最大級のストリートの祭典「コンプレックスコン」のデジタル版「コンプレックスランド」と世界最大級のバーチャルイベント「バーチャルマーケット5」を徹底取材。出展者や参加者が “体験”したことで分かった可能性や課題をまとめました。大型連載、サステナブル特集はステップ5として「認証」がテーマ。国際的な認証機関のお墨付きを得ることの重要性を説きます。ミニ特集では…

詳細/購入はこちら