ファッション

「フェンディ」が「アンリアレイジ」とコラボ 2020-21年秋冬メンズで

 「フェンディ(FENDI)」は、イタリア・ミラノで13日(現地時間)に行った2020-21年秋冬メンズ・コレクションのランウエイショーで、「アンリアレイジ(ANREALAGE)」の森永邦彦デザイナーとのコラボレーションを発表した。「フェンディ」はシーズンごとにさまざまなアーティストと協業することで知られているが、日本人デザイナーとは初めて。

 コラボレーションアイテムはラスト4ルックで登場。「アンリアレイジ」が13年に発表した、太陽光で色や柄が浮かび上がるフォトクロミックを素材に使用した。モデルがリング状に配置されたライトの中央に立ち止まると、体の周り囲むライトが上下にゆっくりと移動し、真っ白や無地だった服に色や柄が浮かび上がった。 

 ランウエイに登場したのは同素材を使用したアウターとハット、バッグで、ほかにも複数のアイテムが制作されているとみられる。

 協業は、森永デザイナーが19年にLVMHモエ ヘネシー・ルイ ヴィトン(LVMH MOET HENNESSY LOUIS VUITTON)が若手を支援するために創設した「LVMHヤング ファッション デザイナー プライズ」のファイナリストに選出されたことがきっかけで、「フェンディ」が同氏にコラボレーションを依頼したという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら