1. 「ドルチェ&ガッバーナ」に怒れる中国 「ヴォーグ」編集長や著名女優、モデルなど中国人7人のコメントを公開

「ドルチェ&ガッバーナ」に怒れる中国 「ヴォーグ」編集長や著名女優、モデルなど中国人7人のコメントを公開

企業動向 SNS

2018/11/22 (THU) 09:00

 ステファノ・ガッバーナ(Stefano Gabbana)「ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)」デザイナーのインスタグラムのアカウントから中国を侮辱する内容のメッセージが送信された件で、中国のファッション業界から怒りや失望の声が止まらない。

 事の発端は「ドルチェ&ガッバーナ」がインスタグラムに投稿した、「箸で食べる」と題された3つのビデオだ。ビデオはピザ、カンノーロ、スパゲッティといったイタリア料理を食べる方法を北京語でアジア人モデルに指南するという内容で、これが人種差別的と批判を受けることになった。あるインスタグラムユーザーがビデオに関してステファノ=デザイナーにDMで質問を投げかけると、「これから世界的なインタビューを受ける時は必ず中国はクソだと言うことにするよ」や「無知で汚く臭う中国マフィア」といった中国を侮辱する内容のメッセージが返ってきた。これを、ファッション界のコピー品糾弾からゴシップまでカバーするアカウント「ダイエット プラダ(Diet PRADA)」が非難したことで事態が大きく知れわたることになり、同ブランドが11月21日に上海で開催予定だったファッションショーはキャンセルされた。「ドルチェ&ガッバーナ」とステファノ=デザイナーはそれぞれ謝罪文を発表し、一連の投稿は「アカウントをハッキングされた」ためと主張している。

 「ドルチェ&ガッバーナ」は21日深夜に、2回目の謝罪文をインスタグラムに投稿。「われわれの夢は、われわれの歴史とビジョンを中国に伝えるべく、上海でトリビュートイベントを開催することだった。単なるファッションショーではなく、中国と世界中の『ドルチェ&ガッバーナ』を愛するすべての人々のために、愛と情熱をもって特別に作り上げたものだった。今日起きたことは、われわれにとってだけでなく、このイベントを開催するために昼も夜も働いたすべての人々にとって非常に不幸な出来事だった。心の底から、友人、そしてゲストの方に感謝の意を表する。ドメニコ・ドルチェとステファノ・ガッバーナ」と1回目よりも長い謝罪文を掲載した。

 しかし、怒れる中国のファッション界には焼け石に水だったかもしれない。ある情報筋によれば、中国版「ハーパーズ バザー(Harper's BAZAAR)」は「ドルチェ&ガッバーナ」の商品を2度と撮影で使わないという。中国版「ヴォーグ(VOGUE)」編集長の他、女優、デザイナー、インフルエンサーなど7人の、今回の騒動に対する意見や反応を掲載する。

アンジェリカ・チャン(Angelica Cheung)中国「ヴォーグ」編集長

 「公の場でもプライベートの場でも、タイミングがあれば何度も言ってきたことだが、中国市場進出をねらう西洋ブランドは、中国人の文化に対する感性を考慮すべき。本社からの命令を全て(中国チームに)実行させるのではなく、中国チームからの意見や考察を聞くことで得られるものは大きいだろう」。

チャン・ツィイー(章子怡、Zhang Ziyi)、女優

 「自業自得」というコメントと共に風刺画をウェイボーに掲載。「本日から、チャンとそのチームは『ドルチェ&ガッバーナ』の商品を購入または使用しない」という声明を発表。

リーフ・グリーナー(Leaf Greener)、インフルエンサー

 「私は『ドルチェ&ガッバーナ』に1カ月ほど前にショーに招待されたが断っており、すでにこの議論に強い意志を表明している。そして今も、ただひたすらに金と消費を崇拝するブランドの価値観に賛同できない」。

エステル・チェン(Estelle Chen)、モデル

 「ショーがキャンセルされ、今夜あなたたちの500ルックを着る人は誰もいなくなったから、尊敬と平等について学ぶ時間ができたかもね。(ブランドとデザイナー両方の)アカウントがハッキングされたと言うことは、あなたたちがいかに憶病者であるかを表している。せめて自身の行動に責任を取ることはできないのだろうか。もうあなたたちのクソを買う人はいないから。これからは、中国は、(そしてもしかしたら世界中の)誰もあなたのブランドから何も買うことはないと自覚して。そんなの最悪でしょう。無礼な人種差別主義者でありながら、中国に来てショーを開催することでお金を稼ごうと考えたの?私たちもバカじゃないから、あなたが中国を愛していると言ったのが間違いと分かる。あなたは中国を愛しているんじゃない。金を愛している。中国は確かに裕福。でも中国はその価値観、文化、人々が裕福だということ。それを尊重しないブランドに、中国は一銭も払わない」。

ジュン・ゾウ(Jun Zhou)「プロナウンス(PRONOUNCE)」デザイナー

 ステファノ=デザイナーのアカウントが投稿した“Not Me(私じゃない)”というコメントをフロントに、彼のコメントを皮肉った“BYE ALREADY @stefanogabbana(もうさよなら ステファノ・ガッバーナ)”というプリントをバックにプリントしたTシャツを制作。「僕が言いたいのは、1人の人間のヘイトにまみれた一瞬の言葉がたくさんの人の手仕事を台無しにして、それをハッカーのせいにしている。これは絶対に許すことができないということ」。

チュ・ウォン(Chu Wong)、モデル

 「私が紹介したい中国の文化はこれ。一字千金(YI ZI QIAN JIN)。この四字熟語の中国語での意味は、人々が話した全ての言葉の一言一言は、あなたが簡単に取り返すことのできない千金だということ」。

Mr.キラ(Mr. Kira)、インフルエンサー

 「侮辱する気があってもなくても、あなたたちが作ったビデオには、多くの不適切な要素があった。その写真、言葉、ビデオを見た多くの中国人を不快な気持ちにさせた。このこと自体が中国文化に対する無礼だ。そしてそれに対するコメントも本当に最低だ。中国市場にどんな形でやってくるにしても、あなたたちは中国を見下している。彼(ステファノ・ガッバーナ)自身がブランドのイメージだが、このこと自体許されるべきではない。僕はファッションはビジネスだと思っている。ビジネスを成功させたいなら、その市場に敬意を払う方法を知っていなければならない。その市場に敬意を払わないなら、そこでビジネスはするな」。

LINEでフォローして最新ニュースをチェック 友だち追加
メールマガジン登録

毎週月、水、金に注目コンテンツをお知らせするメールマガジンをお届けします。
今ならデジタルデイリーの1週間試し読みもご利用いただけます。
※ @icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

ニュースランキング

  • デイリー
  • 週間
  • 月間
ブランド検索
シーズン検索
お問い合わせ各種

デジタルデイリーについての問い合わせは
下記よりお選びください。

false false true true true false true true