ファッション

SNS世代1600人を徹底調査 好きなブランドTOP10

「WWDジャパン」12月2日号は“SNS世代”特集。全国の服飾専門学校生約1600人にアンケート調査を行い、好きなデザイナー・ブランド・インフルエンサーから環境への問題意識まで、彼・彼女たちのファッション観に迫りました。ウェブではアンケート結果の一部を紹介します。第2回は「好きなブランド」部門トップ10をランキング形式で発表!

【1位】「ザラ(ZARA)」

理由:SPAブランドで一番おしゃれ/すてきなコラボが多い/先輩がうまく着こなしているのを見て好きになった

【2位】「ジーユー(GU)」

理由:とにかく安い/ユニクロよりも攻めたアイテムがある/女子ウケがいい/オーバーサイズで今っぽい服が置いてある/キム・ジョーンズ(Kim Jones)とのコラボが良かった

【3位】「ユニクロ(UNIQLO)」

理由:シンプルだから長く使える/カジュアルで普段着に最適/“ユニクロユー”が特に好き/ハイブランドばかりを 着てもダサい。インナーは「ユニクロ」がちょうどいい

【4位】「H&M」「ベルシュカ(BERSHKA)」

理由:リングやネックレスなどアクセントになる小物が豊富/手軽にファッションを楽しめる(H&M)
理由:海外っぽいデザインが好み/「ザラ」よりプチプラだけど高級感はある(ベルシュカ)

【5位】「ヨウジヤマモト(YOHJI YAMAMOTO)」

理由:デザインがモード/シルエットが独特/ハカマパンツがおしゃれ

【6位】「マウジー(MOUSSY)」

理由:スタッフがおしゃれで接客の質も高い/デニムのシルエットがきれい

【7位】「ハレ(HARE)」、ナイスクラップ(NICE CLAUP)

理由:無難な服からトレンド感があるものまでたくさんある/店員のアドバイスが的確(ハレ)
理由:柔らかな雰囲気が好き/ほかにはない女の子らしいアイテムがある(ナイスクラップ)

【8位】「メリージェニー(MERRY JENNY)」「スライ(SLY)」

理由:古着に合わせやすい(メリージェニー)
理由:シンプルで合わせやすい/セクシーさを出せる(スライ)

【9位】「ジュエティ(JOUETIE)」

理由:手掛けているアミアヤを応援している/デザイン性が高い

【10位】「ビームス(BEAMS)」

理由:オリジナルアイテムがおしゃれ/スタッフの着こなしが参考になる

最新号紹介

WWD JAPAN

アウトドア消費の現在地と未来 ブームは一過性か、それとも日常に定着するか

「WWDジャパン」11月30日号は「アウトドア」特集です。アウトドアウエアが日常的に着用され、商業施設の目玉テナントとして誘致されるなど、市場を席巻しています。キャンプやハイキングなどはコロナ禍に最適なレジャーとしても注目されていますが、このブームは一過性のものなのか、あるいは日常に定着するのか。特集では、自然の豊かさを多角的に発信するアウトドア企業のトップや、ファッション視点で市場を見てきた名物…

詳細/購入はこちら