ビューティ

追記:ジョー・マローン氏が「ザラ」の香水を製作

【追記5月21日】日本での発売は、5月27日に決定しました。全国の「ザラ」店舗およびオンラインショップで取り扱われます。

 ジョー・マローン(Jo Malone)氏が「ザラ(ZARA)」と協業し、フレグランスコレクションを手掛けた。なお、マローン氏は1999年に自身のブランド「ジョー マローン ロンドン(JO MALONE LONDON)」をエスティ ローダー カンパニーズ(ESTEE LAUDER COMPANIES)に売却した後、2006年にブランドから退いている。今回のコラボレーションはマローンが11年に新たに立ち上げたブランド「ジョー ラブズ(JO LOVES)」とのものになる。

 「ザラ エモーションズ コレクション バイ ジョー ラブズ(ZARA EMOTIONS COLLECTION BY JO LOVES)」は8つの香りをそろえ、ヨーロッパ、メキシコ、オーストラリア、ニュージーランドで11月15日に発売した。価格は5.95ポンド(約830円、10mLサイズ)〜25.95ポンド(約3600円、90mLサイズ)。

 マローンは世界中の消費者にアプローチすべく、約8カ月かけて中東から中国、香港まで旅したという。自身も「ザラ」の常連客だというマローンは、広告ビジュアルに着想を得た。コットンの白シャツをイメージし、日常使いにぴったりな「ベチバー パンプルムース」や豪華なドレスをイメージした「フルール ドランジェ」、軽やかなサマードレスをイメージした「アマルフィ サンレイ」など、洋服をイメージした香りがそろう。中でもマローンのお気に入りはラベンダー入りの「ボヘミアン ブルーベルズ」。「35年のキャリアの中で最も大胆な香りに仕上がった。今まで作ってきた香りとは全く異なるもので、何度も試作を繰り返したよ。ラベンダーは量を間違えると古くさい香りになりがちだから、スモーキーなヒヤシンスの香りに包み込んだ」と説明する。全ての香りは、マローンのシグネチャーでもあるレイヤリングが可能だ。パッケージの白いボックスは棚に並ぶ本をイメージしている。

 「ザラ」は来年、香水をローンチして20周年を迎える。ラインの新たな香りに加え、キャンドルやペン型フレグランスなども発売するほか、他のマーケットにも進出する予定だという。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

ファッション&ビューティメディア大特集 一緒に働く人も目指す人も必読!

11月29日発売の「WWDJAPAN」は、毎年恒例のメディア特集です。今週号には10社、14媒体、そして総勢32人の個性豊かな編集者が登場します。特集は、コロナ禍で編集長に就任&復帰した「25ans」と「MEN’S EX」そして「ハニカム(HONEYEE.COM)」編集長の座談会からスタート。「おめでとう」より「大変だね」と言われることが多かった編集長は、コロナが背中を押したかもしれない新事業への…

詳細/購入はこちら