ビューティ

「トム ブラウン」から初の香水が登場 ベチバーをベースにした6種の香り

 「トム ブラウン(THOM BROWNE)」は10月に北米で初の香水を発売する。香料メーカーのジボダン(GIVAUDAN)と共に6種の香りを誕生させた。「トム ブラウン」のブティック、オンラインサイト、ドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)で取り扱う。

 香りは全て3種のベチバーエキスを配合。ベチバーをメインにした香り、ベチバーとキュウリ、ベチバーとグレープフルーツ、さらにベチバーとローズをブレンドした香りなどが登場する。デザイナーのトム・ブラウン(Thom Browne)は「ベチバーはアイコニックな香り。メンズもウィメンズも使えるタイムレスな香りを心掛けた」とコメント。「どの香りも私にとってパーソナル」だと語るトムは、それぞれの名前に自身の誕生日である1965年9月27日にちなんだ「09.27.65」を入れ、その後にナンバー01から06を付けている。内容量はそれぞれ75mLで価格は200〜250ドル(約2万1400〜2万6700円)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら