ビューティ

「トム ブラウン」から初の香水が登場 ベチバーをベースにした6種の香り

 「トム ブラウン(THOM BROWNE)」は10月に北米で初の香水を発売する。香料メーカーのジボダン(GIVAUDAN)と共に6種の香りを誕生させた。「トム ブラウン」のブティック、オンラインサイト、ドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)で取り扱う。

 香りは全て3種のベチバーエキスを配合。ベチバーをメインにした香り、ベチバーとキュウリ、ベチバーとグレープフルーツ、さらにベチバーとローズをブレンドした香りなどが登場する。デザイナーのトム・ブラウン(Thom Browne)は「ベチバーはアイコニックな香り。メンズもウィメンズも使えるタイムレスな香りを心掛けた」とコメント。「どの香りも私にとってパーソナル」だと語るトムは、それぞれの名前に自身の誕生日である1965年9月27日にちなんだ「09.27.65」を入れ、その後にナンバー01から06を付けている。内容量はそれぞれ75mLで価格は200〜250ドル(約2万1400〜2万6700円)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

「ラフ・シモンズ」終了とミケーレの「グッチ」退任を分析 恒例メディア特集も

11月28日発売の「WWDJAPAN」は、最近の2つのビッグニュースを掘り下げました。「ラフ・シモンズ(RAF SIMONS)」のブランド終了と、「グッチ(GUCCI)」のアレッサンドロ・ミケーレ(Alessandro Michele)クリエイティブ・ディレクターの退任です。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US 記者のリアルな声をお届け

「WWDJAPAN」記者がそれぞれの視点で「今」を読み解く、メルマガ限定のコラム、「エディターズレター」を毎朝お届けします(週末、祝日を除く)

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。

メールをお送りしました。ご確認いただき登録をすすめてください。