ビューティ

「トム ブラウン」から初の香水が登場 ベチバーをベースにした6種の香り

 「トム ブラウン(THOM BROWNE)」は10月に北米で初の香水を発売する。香料メーカーのジボダン(GIVAUDAN)と共に6種の香りを誕生させた。「トム ブラウン」のブティック、オンラインサイト、ドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)で取り扱う。

 香りは全て3種のベチバーエキスを配合。ベチバーをメインにした香り、ベチバーとキュウリ、ベチバーとグレープフルーツ、さらにベチバーとローズをブレンドした香りなどが登場する。デザイナーのトム・ブラウン(Thom Browne)は「ベチバーはアイコニックな香り。メンズもウィメンズも使えるタイムレスな香りを心掛けた」とコメント。「どの香りも私にとってパーソナル」だと語るトムは、それぞれの名前に自身の誕生日である1965年9月27日にちなんだ「09.27.65」を入れ、その後にナンバー01から06を付けている。内容量はそれぞれ75mLで価格は200〜250ドル(約2万1400〜2万6700円)。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年春夏速報第二弾は、注目の3大ムードを解説 日本から唯一現地入りしたビームスのリポートも

今週号は、日本からパリコレ入りしたおそらく唯一のショップ関係者であるビームスの戸田慎グローバル戦略部長によるパリコレダイアリーからスタート。来年本格始動する海外ビジネスのために渡航した戸田部長が目にしたパリコレ、展示会、パリの街並みをお伝えしつつ、そこから感じたこと、業界人がみんなで再考・共有すべきファッションへの想いを存分に語ってもらました。トラノイやプルミエール・クラスなどの現地展示会の雰囲気…

詳細/購入はこちら