ビューティ

「トム ブラウン」初の香水が日本上陸 7月31日発売

 「トム ブラウン(THOM BROWNE)」はブランド初のフレグランスを7月31日に発売する。ベチバーをベースにした6つの香りをそろえ、「トム ブラウン」の店舗およびドーバー ストリート マーケット ギンザで取り扱う。

 まず日本に上陸する4種の香りは、高濃度のハイチ産ベチバーオイルを凝縮させた「09.27.65 ベチバーアブソリュート」(75mL、3万1000円)、ベチバーにキューカンバーをブレンドした「09.27.65.01 ベチバー&キューカンバー」(75mL、2万4000円)、夜をイメージした「09.27.65.04 ベチバー&ウイスキー」(75mL、2万4000円)と「09.27.65.05 ベチバー&スモーク」(75mL、2万4000円)。その後、「09.27.65.02 ベチバー&グレープフルーツ」(75mL、2万4000円)と「09.27.65.03 ベチバー&ローズ」(75mL、2万4000円)が仲間入りする予定だ。

 全てシンプルなパッケージに、ブランドを象徴するトリコロールのグログランリボンを施している。また、製品名の頭にある「09.27.65」は1965年9月27日生まれのトム・ブラウン(Thom Browne)の誕生日に因んでいる。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

盛り上がる”スピリチュアル消費“を分析 「心に寄り添ってほしい」ニーズに向き合う

「WWDJAPAN」10月25日号は、“スピリチュアル消費”特集です。ここ1〜2年、財布の開運プロモーションや星座と連動したコスメやジュエリーの打ち出しがますます目立つようになっています。それらに取り組むファッション&ビューティ企業と、その背景にある生活者の心理を取材しました。 スピリチュアルと聞くとやや怪しさがありますが、取材を通して見えてきたのは「心に寄り添ってほしい」という女性たちの普遍的な…

詳細/購入はこちら