ファッション

「ジャンバティスタ ヴァリ」と「H&M」のコラボイベントが開催 ケンダル・ジェンナーやキアラの姿も

 「ジャンバティスタ ヴァリ × H&M(GIAMBATTISTA VALLI x H&M)」のグローバルイベントが、日本時間の10月25日にローマで行われた。毎年恒例となっている「H&M」とデザイナーとのコラボレーション企画だが、発売を記念して行われたファッションショーでは、ケンダル・ジェンナー(Kendall Jenner)がパステルピンクのチュールドレスをまとって登場し、ゲストの視線を奪った。彼女は、6億5000万のユーザーにリーチした「H&M」のソーシャルメディアの記録更新にも貢献した。

 デザイナーのジャンバティスタ・ヴァリ(Giambattista Valli)は、プレビューで自身のゴールを「ジェンダーを超えること」とし、「性別に関係なく、誰もが持つ女性的な側面を表現した。だから、私のDNAの一部とも言える装飾や布地、テクスチャーをフルに使い、誰もが手に取りやすいように仕上げた」と語った。

 その言葉通り、美しいオートクチュールで知られる「ジャンバティスタ ヴァリ」らしいチュールドレスだけでなく、デイリーユースにぴったりのロゴや刺しゅうをあしらったパーカやアニマルプリントのジャケット、スエットパンツ、パールやクリスタルで装飾したストッキングなどのアイコニックなアイテムが多数発表され、またヴァリ初となる注目のメンズウエアもあわせて披露された。

 グランドフィナーレでは、キャンペーンの中でケンダル・ジェンナーが着用した真っ赤なドレスをモデル全員が着用して歩く圧巻のパフォーマンスで幕を閉じた。

 ゲストの顔ぶれも豪華だった。キアラ・フェラーニ(Chiara Ferragni)やトロイ・シヴァン(Troye Sivan)、ブランドのファンを公言し、話題沸騰のドラマ「ユーフォリア/EUPHORIA」にも出演した注目の女優アレクサ・デミー(Alexa Demie)の姿も見られた。

 コレクションは、11月7日より世界各地のH&Mで発売され、国内では渋谷店、新宿店、名古屋松坂屋店、心斎橋店の4店舗と公式オンラインストアで発売される。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタル化で加速するサプライチェーン革命 繊維商社のDX戦略とは?

「WWDジャパン」3月1日号は、「デジタル化で加速するサプライチェーン革命」特集です。コロナ禍で加速したデジタル化が、服作りのプロセスにも変化を与えています。キーワードはDX(デジタルトランスフォーメーション)とサステナビリティ。アパレルのOEM(相手先ブランドの生産)、ODM(相手先ブランドの企画生産)を担う繊維商社は、DXを駆使して大量生産・大量廃棄の悪弊を断ち切るサステナブルなサプライチェー…

詳細/購入はこちら