フォーカス

2020年春夏パリコレ3日目のハイライト 「ドリス」がラクロワを迎え“ザ・モード”なショー ドラマチックな「マルジェラ」

 パリコレ3日目は、「ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)」や「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」が、ファッションショーが今より華やかだった1990年代を彷彿とさせるショーを行った。ギョーム・アンリ(Gullaume Henry)による新生「パトゥ(PATOU)」もプレゼンテーションを実施、その様子はこちら。

ドリス ヴァン ノッテン(DRIES VAN NOTEN)

DESIGNER/ドリス ヴァン ノッテン(Dries Van Noten)

 ドリス ヴァン ノッテンは今季、クリスチャン・ラクロワ(Christian Lacroix)を迎え、全コレクションを共に作りあげた。ラクロワは、2009年に自身のブランドを閉鎖するまで、色彩とプリントの巧みな使い手として名をはせたオートクチュールデザイナーだ。花とアニマルなど柄と柄をぶつける情熱的なコディネートや、金銀糸も織り込んだ華やかなジャカード使い、大きく丸い袖がドラマチックなクチュールライクなドレスなどにラクロワの仕事を見る。見上げるような高いランウエイを含め、華やかだった1980~90年代のファッションショーをほうふつとさせる“ザ・モード”なショーに多くの拍手が送られた。

メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)

DESIGNER/ジョン・ガリアーノ(John Galliano)

 ミリタリーや従軍看護師といったイメージをベースに、アトリエが作り出すクチュール的なボリュームシルエットや、テクノロジーを盛り込んだ。クラシックなツイードやヘリンボーンのオーバーサイズコートやジャケットは、柄が割れたように部分的に色を失っている。実はこれ、「ハックされた」ように作られたプリントなのだという。スーツやビスチエドレスなど、さまざまアイテムに使われた丸いレーザーカットは、柄を重ねることで目の錯覚を生む。兵士が腰から下げるパラシュートのような腰飾りは、クチュールドレスのようにも見えてとてもエレガント。男性モデルも含めて足元はヒールブーツ。異性装などの“キャンプ”な要素も感じさせるコレクションは、ガリアーノらしく非常にパワフルでロマンチック。

ルメール(LEMAIRE)

DESIGNER/クリストフ・ルメール(Christophe Lemaire)

 ライトトーンのきれいな色使いを得意としているが、雨の音に載せて始まった今季のコレクションは全身黒のスタイル。「黒でシルエットを見せたかった。それに、同じ黒といっても、濡れたように光る黒など、さまざまな黒があるでしょう?」とルメール。フロントの合わせがカシュクール風に見えるスーツスタイルや、ギャザーたっぷりのロングドレスやブラウスは、黒ということもあっていつもより少し強くシャープな女性像。ただし、仰々しくはならない知的なバランスがこのブランドらしい。後半は徐々に色が差されるものの、全体的にトーンは抑えめ。ブルーグレーやグレーベージュなどの、一言では表現しづらい色使いがきれい。