ニュース

米発コスメ「トゥー フェイスド」の1号店が名古屋松坂屋にオープン

 日本に初上陸するカリフォルニア発コスメブランド「トゥー フェイスド(TOO FACED)」は、9月18日に名古屋松坂屋に1号店をオープンする。実店舗オープンを前に、7月31日から、三越伊勢丹化粧品オンラインストア「ミーコ(meeco)」で販売する。続いて11月1日には渋谷スクランブルスクエアにもオープンする。

 同ブランドは、1998年に誕生。ピンクをコンセプトカラーに、ポップなパッケージデザインやユニークなネーミングの製品がミレニアル世代を中心に人気を集める。世界に約4600店舗を有し、米セフォラ(SEPHORA)では常に人気の上位に入るなど注目のブランドで、日本でもSNSで話題となっており今回、待望の初上陸となる。

 ショップオープンに先立ち、6月28日にはインスタグラム日本公式アカウントを公開。7月1日にはコスメクチコミアプリ「リップス(LIPS)」、16日には「アットコスメ(@COSME)」で公式ブランドサイトを公開する。

 製品ラインアップはブランドを代表する人気ハイライター「ダイヤモンドライト マルチユース ハイライター」をはじめ、ベースメイク、アイメイク、リップなど豊富にそろえる。価格帯は2000~9800円。下渡恵子PRマネージャーは「まずは人気製品や日本人でもチャレンジしやすいカラーをラインアップすることでブランドの認知向上を図り、製品を順次追加していく予定」とコメントした。今後も順次、全国百貨店、セミセルフ店、オンラインショップを開くという。

【エディターズ・チェック】
7月2日に開催されたブランド上陸スペシャル セッションには、グローバル プロ アーティスト兼グローバル ビジュアル アンバサダーのエリーズ・レニュー(Elyse Reneau)が登壇し、メイクデモが行われました。「ダイヤモンドライト マルチユース ハイライター」はひと塗りで骨格が引き立ち、肌に溶け込む上質なテクスチャーに驚き!可愛いだけじゃない実力派のアイテムがそろっています。

最新号紹介

WWD JAPAN

2020年春夏、コロナ禍でも売れたものは何だった? 富裕層の高額品消費意欲は衰えず

「WWDジャパン」9月21日号は、「2020年春夏、有力店で売れたもの」特集です。WWDで毎シーズン恒例となっている有力店の商況調査ですが、コロナ禍に見舞われた今春夏は、多くの商業施設が営業を再開した6~7月の期間で消費動向や好調なブランドを調査しました。化粧品、特選、婦人服、紳士服などの9つのカテゴリー別に各店のデータをまとめています。コロナで大苦戦という声が大半を占めると思いきや、こと特選カテ…

詳細/購入はこちら