ニュース

セレクトショップのハバダッシュリーが事業終了 全6店を閉店

 セレクトショップのハバダッシュリー(HABERDASHERY)は9月までに全6店舗を閉店し、事業を清算する。店舗は、吉祥寺店(7月15日)、オンラインストア(7月31日)、表参道店(8月12日)、丸の内店(8月29日)、新潟三越店(9月2日)、伊勢丹浦和店(9月3日)を順次クローズ。それに伴い、オリジナルブランドの「ハバダッシュリー」も終了する。同社は全ての営業終了後、来年以降に清算する予定だ。

 事業終了について同社プレスは「2020年3月に館全体が閉店する新潟三越に先立ち、業績不振を受けて全店閉店を選択した」としている。

 ハバダッシュリーは1990年5月にルークス(現ハバダッシュリー)が設立。アメリカの田舎町にあるような“洋品店”をコンセプトに国内外のセレクト商品とオリジナルブランドの「ハバダッシュリー」を取り扱う。11年に新潟で学習塾などを運営するNSGグループに加入。2017年までは、玉井健太郎によるブランド「アシードンクラウド(ASEEDONCLOUD)」の卸売りなども行っていた。