ニュース

アングローバルショップが全19店舗を閉店 一部店舗跡地に「アンシェヌマン」が入店

 TSIホールディングス傘下のアングローバルは、セレクトショップのアングローバルショップ事業を終了する。8月末までに現在構える19店舗を閉店。そのうちの二子玉川店、中目黒店、自由が丘店、松山店の4店舗には後継店舗として、同じくTSI傘下のアナディスのウィメンズブランド「アンシェヌマン(ENCHAINEMENT)」または「アンシェヌマン ユニ ポワン ド ミニョン(ENCHAINEMENT UNI POINT DE MIGNON)」が入店する予定だ。

 アングローバルショップは、国内外のデザイナーズブランドのウエアや雑貨をそろえたセレクトショップ。表参道の路面店他、ルミネ新宿 ルミネ1、タカシマヤ ゲートタワーモール、京都バルの他、三井アウトレットパークなどに出店していた。

 アングローバルはイギリス発の「マーガレット・ハウエル(MARGARET HOWELL)」や「MHL.」、アンダーウエアの「サンスペル(SUNSPEL)」、日本発のウィメンズブランド「イレーヴ(YLEVE)」、セレクトショップ「ザ ライブラリー(THE LIBRARY)」を運営している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら