ニュース

アメリカン ラグ シー ジャパンが事業終了 20年の歴史に幕

 サザビーリーグの関係会社のアメリカン ラグ シー ジャパン(AMERICAN RAG CIE JAPAN)が今年9月に事業を終了する。同社が運営するセレクトショップ、アメリカン ラグ シーは2018年春夏まで営業し、8月中旬をめどに全店を閉店する見通し。

 サザビーリーグでの事業は9月末で終了するが、本国インダストリーズ・ワーツは、オンラインビジネスを中心とした事業の継続を検討しており、19年にあらためて店舗展開することも視野に入れている。

 アメリカン ラグ シー ジャパンは、米国発の同名のスペシャリティーストアを誘致する形で1998年に本国との合弁で設立。サザビーリーグは80%を出資している。ビンテージやミリタリー、エッジーなテイストを織り交ぜたスタイルで人気を集めた。2008年をピークに売り上げが伸び悩み、16年には新ディレクター2人を招へいし、ブランド力の再強化に注力してきた。しかし浮上することはできず、上陸20周年を迎える今年、その歴史に幕を降ろすことになった。現在は、1号店である新宿フラッグス店など全国に5店舗を構えている。渋谷・神南の大型店は昨年4月に閉店した。

 サザビーリーグは15年8月に「アンドエー(AND A)」、17年1月に「エルフォーブル(ELFORBR)」を終了している。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら