ニュース

サザビーリーグ創業者の鈴木陸三氏が取締役退任

 サザビーリーグは6月に新経営体制へ移行すると発表した。鈴木陸三・取締役(74)は取締役を退任し、創業者として経営支援を行う。また、三根弘毅・上級執行役員リトルリーグカンパニーカンパニープレジデント兼ラカグ事業部長など、新たに6人が取締役に昇格する。

 新取締役には、三根上級執行役員の他、勝浦清貴・上級執行役員アイシーエルカンパニーカンパニープレジデント、澤井昭仁・上級執行役員ファーイーストカンパニー社長、塚田龍平・上級執行役員アイビーカンパニープレジデント、伊藤敏典・上級執行役員IT統括兼サザビーリーグHR社長、帰山元成・上級執行役員営業統括兼サザビーリーグ(上海)有限公司董事長が就く。

 同社は16年4月に角田良太・社長が就任し、創業者の鈴木氏はそのタイミングで会長から取締役へ退いていた。鈴木氏は1943年生まれ。72年にサザビー(現サザビーリーグ)を創業し、社長として「アフタヌーンティー(AFTERNOON TEA)」や「アニエスベー(AGNES B.)」などの陣頭指揮を執り、ライフスタイル創造に貢献してきた。