ファッション

神楽坂ラカグが変わる 三根弘毅が「今面白い」と考える店とは?

 サザビーリーグと新潮社が協業し運営する神楽坂のラカグが8月20日、リニューアルオープンする。三根弘毅リトルリーグカンパニー・プレジデント兼ラカグ事業部事業部長率いる新体制で刷新した。生まれ変わったラカグは、1階に既存のウィメンズウエア、生活雑貨に加え、新たにガジェットコーナー、京都の喫茶店「マドラグ」が入る。2階はインテリア、メンズウエア、著名人のトークショーを開催するレクチャースペース、ブックコーナーの他、アイウエアコーナーとキュレーションサイト「ハッチ」のポップアップストア(期間限定)を新設。インテリアはスタイリストの岡尾美代子、本のセレクションはバッハ代表の幅充孝が手掛ける。

 三根事業部長は「空気感を変えた。(倉庫跡地というインダストリアルな雰囲気から)人の温かみが感じられるような内装にした。ショップのマインドコンセプトを"スマイルズ バック"とし、お客さまから笑顔が溢れるような店にしようとリニューアルした。和、洋、仏などさまざまなテイストをハイ&ローでミックスする今の感覚のハイセンス版を提供したいと考えた。売り上げはこれまでの1.5倍を目指す」とコメント。

 1階のウィメンズウエアコーナーでは、「メゾン マルジェラ(MAISON MARGIELA)」「マルニ(MARNI)」「ヌメロ ヴェントゥーノ(NO.21)」「マディソンブルー(MADISON BLUE)」「オーラリー(AURALEE)」など国内外のセレクト商品と刷新したオリジナル商品をそろえる。一部「リーバイス(LEVI'S)」のジーンズなど、大人の女性に向けた古着も用意する。また、ジュエリーの品ぞろえを拡充し、「ソフィー ブハイ(SOPHIE BUHAI)」や、ロンハーマンオリジナルのネイティブアメリカンジュエリーをアレンジした「ロンハーマン ジュエリー フォー ラカグ(RON HERMAN JEWERLY FOR LAKAGU)」などをラインアップする。ガジェットコーナーではスタイリッシュなスマートフォンケースやヘッドフォンなどに加え、常時20枚程度のCDを販売。売り場に備え付けられたiPadで視聴も可能だ。今回のリニューアルの目玉でもある喫茶「マドラグ」は、京都で人気の喫茶店を誘致したもの。名物の玉子サンド(850円)、ピラフの上にオムレツとデミグラスソース、ポークカツなどを乗せたマドライス(980円)などを提供。コーヒーやクリームソーダ、アルコールとともに楽しむことができる。玉子サンドはテイクアウトもできる。

 2階のインテリアコーナーでは、「アルネ ヤコブセン」「フリッツ ハンセン」といった北欧ビンテージ家具、モロッコのベニオワレンのラグ、韓国の枕など、各国から集めたインテリアを集積。新設したアイウエアコーナーでは検眼機も備え、「トム フォード(TOM FORD)」「レイバン(RAY BAN)」などのアイウエアを販売する。「ハッチ」のポップアップストアには、南貴之「アルファ」代表や金子渚「ディスコネイル」代表らが選んだ商品が並ぶ。「スバル」のビンテージスクーター(270万円)など、プレミアムな商品も用意。ブックコーナーは幅允孝バッハ代表がキュレーションした本に加え、アメリカのスポーツ雑誌「ヴィクトリー(VICTORY)」のバックナンバーも販売する。

 ラカグは「リバリュー」をコンセプトに2014年10月にオープン。建物は、新潮社の倉庫を建築家の隈研吾がリノベーションした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら