ファッション

鈴木サザビーリーグ会長、佐藤新潮社社長、隈研吾が語る サザビーリーグ×新潮社の神楽坂「ラカグ」への想い

 サザビーリーグと新潮社が東京・神楽坂で手掛ける新商業施設「ラカグ(la kagu)」プロジェクトの記者会見が8月26日、新潮社別館で行われた。1969年に建てられ、四半世紀以上使われていなかった書籍倉庫跡地をリノベーションして、「サザビーリーグによる"衣食住+知"のキュレーションストア」をテーマに、ファッション、生活雑貨、カフェ、家具、ブックスペース、レクチャースペースを備えた複合商業施設とするもの。週2回のファーマーズマーケットや、作家などを招いたトークショーやワークショップなども積極的に行っていくという(角田光代や吉本ばななのトークショーが決定済)。外観の設計デザインは、神楽坂に12年近く住む隈研吾・隈研吾建築都市設計事務所代表が手掛ける。6年前に代表権を返上した鈴木陸三サザビーリーグ会長が陣頭指揮を執ってプロジェクトを推進していくという。延べ床面積は約960平方メートルで、地上2階建て、開業日は今年10月10日を予定する。

 プロジェクトのメンバーには、隈や、プロデュース&オペレーションを担当するサザビーリーグのほか、アートディレクターに平林奈緒美、キュレーターとして、ウィメンズファッションに安藤桃代、メンズファッションに田中行太、生活雑貨に岡尾美代子(インテリアデザイン・アドバイザーも兼務)、フードに鎌倉で「ロングトラックフーズ」を営む馬詰佳香、書籍はバッハの幅允孝、家具に大井智史、ファーマーズマーケットに長野の小林淳一などを起用。カフェオペレーションにシャルキュトリー・コダマ、コンセプトアドバイザーにローラン・グナシアが加わる。

 鈴木サザビーリーグ会長は、「我々はライフスタイル、衣食住を絡めていろいろな店を出してきた。6年前に代表権返上したが、このプロジェクトのために馳せ参じてきた。ついファッション系は、衣食住といっても表層的、表面的な表現が強い業態だった。新潮社の持つ、伝統や知という内面的な部分に触発をされて、もう少しインターナルな部分を含めた新しい表現をしたいと考えた。隈さんの大ファンであるというの大きなエネルギーになっている。『だましだまし』という言葉が好きなのだが、1回スクラップするとゼロになってしまう歴史を、だましだまし、新しい方向にもっていきたい。今はNY、元はロンドンに住んでいたが、神楽坂には日本人という視点だけでなく、魅力がある。古いものは新たに作れない。コスモポリタン、メルティングポットの神楽坂で仕事ができる。隈さんが開発してくれた、街に溶け込む階段も素晴らしい。こんなオポチュニティー(好機会)はない。街と我々の成長につなげていきたい」と想いを語った。

 佐藤隆信・新潮社社長は、「我々は大家をやるだけで、事業をするわけではない。サザビーリーグさんにぜひ儲けてもらいたい(笑)。ただ、出版社が(こういった事業を手掛けるのは)珍しい。出版界の売り上げが落ちていく中で、倉庫を使って何かできないかと考えてきた。いろんなアイデアがある中で、役員が鈴木会長と話をしたところ、コラボレーションで面白いことができる可能性があるということになった。最終的に、イベントスペースでかなりの部分をイベントさせていただくことになったが、いろいろな情報発信ができれば。今の時代、出版社にとっても、いたずらができる、面白いことを仕掛けるということは、思い出さなければならない肝心なところだ。出版がビジネスになってしまってはダメだ。好奇心と面白い精神から初めて面白いものができる。直にお客様と接することができれば、本来の精神にプラスアルファがあると思う。サザビーリーグと新潮社は衣食住に対して志が高い会社で、哲学が重なっていると思う。キーは神楽坂という場所。共同でできることが可能になると思う」と話す。

 さらに、隈は「私自身、この近くに住んでいる。神楽坂が大好き。いい部分は2つある。一つは歩いて楽しいこと。僕らは専門用語で『ウォーカブル』というが、歩けるし、歩きたくなる街が、世界中でどんどん人気が上がっている。モータリゼーションが進む中で、環境面でも注目されている。東京は歩いて楽しい街が少ない中で、神楽坂は群を抜いて歩いて楽しい場所だ。道が微妙に傾斜がついている。迷路になっているのもいい。二番目は、歴史が堆積し、積み重なっていることが素晴らしい。関東大震災でも第二次世界大戦でもあまり被害を受けなかった。二つの幸運が重なり、昔のいいところが残っている。若い人もよく分かっているが、スクラップ&ビルドではなく、古いものをうまく手をつけながら、それほどお金をかけずに、歴史を、記憶を継承することが自然発生的にできている。今回のプロジェクトでは、二つを生かす。スレートの鉄骨の倉庫で、すごくかっこいい。鉄骨ゴシックと呼んでいい。細いきれいなカーブがある。その倉庫を鈴木会長がうまい形で、商業空間にリノベーションされると思うので楽しみだ。もう一つは大階段だ。神楽坂と大久保中央通の交差点から、建物の2階に、まるで人口の丘のような空間になっている。神楽坂のスロープ、勾配の最後の到達点が丘だ。そこから交差点を見るとすごく面白い見え方がする。一番の到達点に丘ができて、神楽坂が完結したな、という感じがしている。これが新潮社とサザビーリーグのコラボとしてこんな形でできて、住民としても大変ハッピーだなと思っている」。

【関連記事】
サザビーリーグと新潮社が今秋、新商業施設「ラカグ」を神楽坂に開業

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら