ビジネス

サザビーリーグ×新潮社 神楽坂「ラカグ」を公開

 サザビーリーグは8日、東京・神楽坂に10月10日オープンする商業施設「ラカグ(la kagu)」を関係者に公開した。1969年に建てられた新潮社の倉庫を隈研吾建築都市設計事務所がリノベーションした2階建ての空間。1階にはウィメンズウエア、日用雑貨、カフェを設置。2階にはメンズウエア、家具、本に加え、ワークショップやトークショーを行うレクチャースペースを併設する。

 「ラカグ」はモードから日用品まで独自の目線でセレクトしたキュレーションストア。ウィメンズウエアのディレクションは、ユナイテッドアローズのウィメンズディレクターを務めた安藤桃代が担当。「マルニ(MARNI)」や「アクネ(ACNE)」、「J&M デヴィッドソン(J&M DAVIDSON)」などヨーロッパのブランドを中心としたセレクトだ。ターゲットは40?50代の大人の女性で、特にボトムの種類を豊富にそろえる。ほかにも、元「ウェアラバウツ(WHEREABOUTS)」のデザイナー福薗英貴が手掛けるサザビーリーグのオリジナルブランド「ネイル(NAILS)」など、幅広くラインアップする。なお、「ネイル」は、まずは「ラカグ」とエストネーション六本木で限定販売する。カフェスペースには、皆でシェアする食卓をイメージしたロングテーブルを設置。シャルキュトリー専門店「コダマ」の自家製ソーセージを使用したホットドッグをはじめとした食事やアルコールドリンク、鎌倉の「カフェ・ヴィヴモンディモンシュ」のコーヒーを提供する。

 メンズウエアのキュレーターは田中行太。オリジナルブランド「ハンドレッドソン(HUNDREDSON)」をはじめ、「ヤーモ(YARMO)」のワークコートやシャツ、「G.H.バス(G.H.BASS)」のローファー、「サウス2ウエスト8(SOUTH2 WEST8)」のバッグなど、定番アイテムを中心としたセレクトだ。家具は、北欧ビンテージショップ「ハルタ」がキュレーションした。

 ブックスペースには、新潮文庫100周年を記念して、3000冊の新潮文庫に加え、ブックディレクターの幅允孝が選書した本を販売。「ラカグ」のディレクターなど10人が10冊の本を選ぶ「<10×10>(テンバイテン?10人の選ぶ、10冊の本?)」コーナーも用意する。レクチャースペースでは、作家によるトークショーやワークショップを行う。11月からは、希少性の高い食材や珍しい食品を扱う「ラカグ マーケット(LA KAGU MARKET)」の開催も予定している。

■ ラカグ(la kagu)
住所:東京都新宿区矢来町67
営業時間:カフェ8:00?22:00(21:30ラストオーダー)、ショップ11:00?20:00

【関連記事】
サザビーリーグと新潮社が今秋、新商業施設「ラカグ」を神楽坂に開業
鈴木サザビーリーグ会長、佐藤新潮社社長、隈研吾が語る サザビーリーグ×新潮社の神楽坂「ラカグ」への想い

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら