ファッション

「ゴア」のWAVE Internationalが事業終了 TSI傘下の婦人服アパレル

 TSIホールディングス傘下のWAVE International(東京、大西良夫・社長)は13日、婦人服ブランド「ゴア(GOA)」の全23店舗を8月末までに閉店し、11月30日に会社を解散すると発表した。この数年はTSIの主導で構造改革を進めてきたが、思うような成果を出すことができなかった。

 WAVE Internationalは1994年に創業。2011年にTSI傘下の東京スタイルによって買収された。当時は「ゴア」「ゴアメンズ(GOA MENS)」「パナジ(PANAJI)」「マニックス(MANICS)」の4ブランドで47店舗を運営する他、卸売事業も行い、売上高は45億円(11年8月期)だった。だが、その後の販売不振を受けて、ブランド廃止を含む構造改革を余儀なくされ、ブランド事業は主力の「ゴア」のみになっていた。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら