ファッション

三越伊勢丹のSPA事業「BPQC」が19年春夏で営業終了 

 三越伊勢丹のプライベートブランド(PB)「BPQC」が、2019年春夏をもって終了すると同PBの公式ウェブサイトで発表した。同PBは現在、三越恵比寿店、伊勢丹立川店、伊勢丹浦和店、伊勢丹相模原店、伊勢丹府中店の5店舗およびオンラインストアで販売している。公式ウェブサイト、フェイスブックおよびインスタグラムは3月末日で終了する。終了に至った理由を「目指していた成長スピードに達しておらず、事業としての黒字化が見込めなかったから」と広報担当者は説明する。

 「BPQC」は2000年に伊勢丹(当時)のカリスマバイヤーと呼ばれた故・藤巻幸大氏がライフスタイルストアのPBとして開発した。08年に一旦休止したが、14年にディレクターにムラカミカイエ氏を起用してリブランディングに着手。以後は首都店以外のグループ百貨店や路面店、外部商業施設などへの出店を目指すと報道されていた。

 親会社の三越伊勢丹ホールディングスは17年4月に就任した杉江俊彦・社長のもと、前体制が強力に推進していた「仕入れ構造改革」を抜本的に見直し、婦人服・雑貨で8つあったPBを「ナンバートゥエンティワン(NUMBER TWENTY-ONE)」「BPQC」「クロージング(CLOTHING)」に整理していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら