ファッション

伊勢丹が「ゾゾタウン」にオープン “生活”と“気持ち”を豊かにする上質な衣類や雑貨を提案

 三越伊勢丹のプライベートブランド「BPQC」が3月15日、「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」で販売を開始した。ウィメンズとメンズのアパレルをはじめ、ライフスタイルアイテムを含む全カテゴリーを用意し、今後も取り扱いアイテムを順次増やしていく予定だ。

 同ブランドは、知的に生活を送る人のためのスタンダードとして、上品質な衣類をはじめ小物やタオル、トートバッグなどの生活雑貨まで幅広く提案している。価格帯は、衣類で1000〜3万6000円、雑貨で1000〜3000円。

 「BPQC」は“ボン・プリ、ボン・カリテ、ボン・シック(良質適価、かつ好感度)”の頭文字を取ったもので、2000年にスタート。14年にムラカミカイエをクリエイティブ・ディレクターに迎え、「知性と品格を持つ大人のためのコンフォートベーシック」をコンセプトにしたニュー・スタンダードブランドに刷新した。17年にはトータルブランド化を図り、現在は全国の伊勢丹や三越を中心に単独店舗を出している。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら