ファッション

神楽坂のラカグが営業終了 アコメヤに業態変換

 サザビーリーグは、東京・神楽坂の商業施設「ラカグ(la kagu)」を2019年春に「アコメヤ トウキョウ イン ラカグ(AKOMEYA TOKYO in la kagu)」に業態変更する。19年1月31日に営業を終了し、改装のため2月1日から休業する。業態変更の理由は、「売り上げは毎年伸長していたが近年客層が変化し、特にインバウンドやミドルシニア層が増えたことで“和”テイストを求めるお客さまが多くなった。そういった理由から、当社の“和”を提案する業態であるアコメヤへの業態変更に至った」と広報担当者。

 「ラカグ」は新潮社の倉庫を隈研吾建築都市設計事務所がリノベーションした2階建ての建物で、14年10月にオープン。約960平方メートルの広いスペースに、「衣食住+知」のライフスタイルストアとしてアパレルを中心に日用雑貨や家具、本をそろえた他、1階にカフェ、2階にはワークショップやトークショーを行うレクチャースペースを併設していた。レクチャースペースは引き続き新潮社が運営する。

 「アコメヤ トウキョウ」は13年4月に銀座に1号店をオープンし、8店舗を展開。「一杯の炊き立てのごはんからつながり広がる幸せ」をテーマに食品と雑貨をそろえ、レストランを併設する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2022年版繊維商社特集 有力企業8社の「今とこれから」を写真と記事で読み解く

「WWDJAPAN」7月4日号は、10年以上に渡って続くロングラン企画の「2022年版 繊維商社特集」です。海外出張と重たいキャリーバック、トラブルシューティングなど体力と精神力が必要で、かつては男性が多かった商社ですが、今では女性も増えています。また、SDGsやサステナビリティなどの社会貢献や働く意義がより問われる中で、会社側の考え方や評価のKPIも徐々に変わりつつあります。

詳細/購入はこちら