ニュース

そごう・西武がPB「リミテッドエディション」事業を終了

 そごう・西武は、プライベートブランド(PB)「リミテッドエディション(LIMITED EDITION)」を始めとした自主商品開発事業を2月末で終了する。不採算店舗の閉鎖など、構造改革を進める中、利益を出していない自主商品開発事業も撤退を余儀なくされた。「リミテッドエディション」は2009年にそごう・西武の商品戦略の切り札として登場。衣料品、靴、服飾雑貨、食器など幅広い分野で展開され、カール・ラガーフェルドとのコラボレーションが話題になったが、収益に貢献できなかった。同社は商品戦略を抜本的に見直すことになる。

 そごう・西武は3月1日付で組織変更を行い、PBを手掛けてきた「自主事業部」「自主商品部」を解散する。全国にある「リミテッドエディション」の売り場も2月末で閉鎖する。親会社であるセブン&アイ・ホールディングスのオムニチャネル戦略の象徴として注目を集めた「セットプルミエ(SEPT PREMIERES)」も終了する。

 近年、大手百貨店は低迷する衣料品販売の打開策としてPBを強化しているが、そごう・西武による「リミテッドエディション」「セットプルミエ」はその先頭を走ってきた。百貨店が自ら商品企画に乗り出し、上質な商品を比較的値ごろ感のある価格で販売するとともに、田山淳朗、島田順子、高田賢三、カール・ラガーフェルド、ジャン・ポール・ゴルチエら国内外の有名デザイナーとの協業で新規客を呼び込もうとした。だが、百貨店で一般的な消化仕入れと異なり、在庫リスクを持って売り切るPBのビジネスモデルを体得するのは難しかったようだ。「リミテッドエディション」はピーク時には約100億円の売上高があったが、17年2月期は約60億円に縮小していた。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら