ビューティ

北米など発売2カ月で完売 「キリアン」のパルファムリップスティックが今秋日本展開へ

 エスティ ローダー カンパニーズ(ESTEE LAUDER COMPANIES)傘下のフランス発ラグジュアリーパルファムブランド「キリアン(KILIAN)」は今秋、日本未上陸の「ル ルージュ パルファム」(全12種、予定価格6200円)を発売する。

 同製品はブランド初のメイクアップ製品で、今年2月に北米、フランス、イギリス、ロシア、中東などの旗艦店を中心に発売。2カ月で7万個を売り上げ完売した(メーカー出荷ベース)。アジアでは8月に韓国の「新羅ホテル」内のブティックで先行発売し、日本では10月をめどに販売開始を目指す。

 アイテムは6種類の赤色それぞれにサテンとマット、2つの質感を用意した。パルファム製品にも使用している香料を用いて、ネロリ、バニラなどの甘い香りが広がる。また、ブランドの核の一つである芸術性の高いパッケージにもこだわり、エンボス加工を施した重厚感のあるケースを採用した。

 「キリアン」は世界的コニャックメゾン、ヘネシー家の創始者の子孫であるキリアン・ヘネシー(Kilian Hennessy)が2007年に立ち上げたブランドで、昨年10月に日本初上陸。三越日本橋本店、日本橋高島屋、大阪高島屋、伊勢丹新宿本店メンズ館に計4店舗を構える。コニャックの甘味や酒樽の木などを想起させる官能的な香りが中東や欧米で支持を集めている。

最新号紹介

WWD JAPAN

注目高まる新50〜60代市場 “主役世代”の消費はこうつかめ!

「WWDJAPAN」5月10日号は、「注目の新50〜60代市場」特集です。日本女性の過半数が50歳以上となった今、50〜60代は消費の“主役”として存在感を増しています。子育て期などを経て、再び人生を“主役”として謳歌する世代でもあります。そんな50〜60代を「WWDJAPAN」は“主役世代”と命名し、このマーケットに刺さるビジネスを取材しました。3人の“主役世代”女性による座談会のほか、シニアに…

詳細/購入はこちら