ビジネス

偉大な祖父を持つ仏2大フレグランスが日本本格上陸 「フレデリック マル」「キリアン」

 エスティ ローダー カンパニーズ(ESTEE LAUDER COMPANIES以下、ELGC)は10月10日、仏発フレグランスブランド「フレデリック マル(FREDERIC MALLE)」と「キリアン(KILIAN)」の日本1号店を三越日本橋本店 本館1階にオープンする。

 2000年に誕生した「フレデリック マル」は、パルファン・クリスチャン・ディオールの創設者を祖父に持つフレデリック・マルが立ち上げたブランドで、製品ごとに異なる調香師が創作するという当時としては珍しかった方法を採用した。テーマや原料価格に制約を設けずに自由なクリエーションを重視して、高品質で芸術性の高い香水を発表してきた。調香師には、ジャン・クロード・エレナ(Jean Claude Ellena)やソフィア・グロスマン(Sophia Grosman)らが名を連ねる。日本ではパルファムの他、ボディー&ヘアオイル、ハンドクリーム、キャンドルなど全89品を販売する。価格帯は5200~4万2000円。

 もう一方の「キリアン」は世界的コニャックメゾン、ヘネシー家の創始者の子孫であるキリアン・ヘネシー(Kilian Hennessy)が2007年に立ち上げたブランドで、コニャックの甘味や酒樽の木などを想起させる官能的な香りが中東や欧米で支持を集めている。8つの物語に沿って、18種の香りのパルファムの他、シャワージェルやボディーローションなど全37品をそろえる。価格帯は1万4300~3万4000円。

 ELGCはフレグランス事業の強化を図るために、14年に「フレデリック マル」を、16年に「キリアン」を買収していた。「フレデリック マル」はこれまで日本市場で代理店が輸入し、セレクトショップのトゥモローランドや伊勢丹新宿本店のフレグランスコーナーなどで販売されており、ファッション感度の高い人たちから人気を集めていた。「キリアン」は日本初上陸となる。9月から、傘下に収めるELGCが展開することで、日本市場の両ブランドを積極的に成長させる。

最新号紹介

WWD JAPAN

広まるSDGs、DXへの挑戦 眼鏡のフォームチェンジが起きている

「WWDJAPAN」4月12日号は、眼鏡特集です。旧態依然と言われる眼鏡業界ですが、コロナ禍で眼鏡や眼鏡店は時代に応じたさまざまな変化(フォームチェンジ)を見せています。アパレル業界でスタンダードになっているサステナブルなモノ作りに眼鏡も取り組みはじめ、年間のビジネスの大きな山場である4月は多くの展示会がオンライン商談に挑戦しました。テレワークやオンライン授業が一般化し、向き合う時間が増えたパソコ…

詳細/購入はこちら