ファッション

不要になった子ども服をシェアしよう! アダストリアがシェアリングサービスの運用実験

 アダストリアは9月18日、子ども向けファッションアイテムのシェアリングプラットフォーム「キッズローブ(KIDSROBE)」のベータ版サービスを展開する。

 “SHARE FASHION, WEAR HAPPINESS.”をコンセプトに掲げたシェアリングシステムで、サイズアウトして着られなくなった服や思い出があり捨てられない服などをユーザー同士でシェアすることが出来る。また、このシェアリングプラットフォームを軸に、子ども達がファッションを楽しむ機会を継続的に創出することで、子ども服の新たなマーケット構築を目指す。

 専用アプリで利用する同サービスは、アプリをダウンロードし、会員登録・ログインすると、レンタルチケットが配布され、子ども用品がレンタル出来る仕組み。レンタルしたアイテムを返却するか、私物の不要なアイテムを提供すると、その点数分のレンタルチケットが配布される。メッセージ機能やコメント機能もあり、ユーザー同士でアイテムにまつわる思い出を共有することも可能だ。

 対象年齢は3~5歳で、料金は月額980円(別途、配送料金400円)。ベータ版として展開するため、ユーザー数には定員を設ける。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

30代富裕層のホンネに迫る 求める商品&サービスから価値観まで

「WWDJAPAN」1月24日号は、誰もが知りたい「富裕層特集」です。コロナ禍で日本の富裕層市場はバブル期を迎えています。海外渡航の制限により、富裕層は国内でショッピングを楽しんでおり、宝飾や時計、車などの高額品の売れ行きが絶好調。また、若年層や女性の富裕層が増えており、市場の勢いはますます増しています。

詳細/購入はこちら