ファッション

不要になった子ども服をシェアしよう! アダストリアがシェアリングサービスの運用実験

 アダストリアは9月18日、子ども向けファッションアイテムのシェアリングプラットフォーム「キッズローブ(KIDSROBE)」のベータ版サービスを展開する。

 “SHARE FASHION, WEAR HAPPINESS.”をコンセプトに掲げたシェアリングシステムで、サイズアウトして着られなくなった服や思い出があり捨てられない服などをユーザー同士でシェアすることが出来る。また、このシェアリングプラットフォームを軸に、子ども達がファッションを楽しむ機会を継続的に創出することで、子ども服の新たなマーケット構築を目指す。

 専用アプリで利用する同サービスは、アプリをダウンロードし、会員登録・ログインすると、レンタルチケットが配布され、子ども用品がレンタル出来る仕組み。レンタルしたアイテムを返却するか、私物の不要なアイテムを提供すると、その点数分のレンタルチケットが配布される。メッセージ機能やコメント機能もあり、ユーザー同士でアイテムにまつわる思い出を共有することも可能だ。

 対象年齢は3~5歳で、料金は月額980円(別途、配送料金400円)。ベータ版として展開するため、ユーザー数には定員を設ける。

最新号紹介

WWD JAPAN

デジタルコマース特集2020 コロナで変わったもの/残すべきもの

「WWDジャパン」10月26日号は、デジタルコマース特集です。コロナ禍でデジタルシフトが加速し、多くの企業やブランドがさまざまなデジタル施策に注力していますが、帰るべきものと残すべきものの選別など、課題が多いのが現状です。今年はそんな各社の課題解決の糸口を探りました。巻頭では、デジタルストアをオープンしたことで話題の「シロ(SHIRO)」の福永敬弘=専務取締役やメディアECの先駆け的存在「北欧、暮…

詳細/購入はこちら