ビジネス

アダストリアがAIによる画像検索サービス 自社ECで導入

 アダストリアは、自社ブランドのEC「.ST(ドットエスティ)」で、AI(人工知能)による画像認識・商品検索サービスを8日に導入した。

 SNSや雑誌、街角で気になったアイテムの写真や画像を、スマホで「.st」でアップロードすると、同EC内の類似商品を探して表示する。全身写真であっても、トップス、ボトムス、バッグ、シューズなどを個別に認識することができる。ファッション分野に特化したAI開発に取り組むニューロープ(東京、酒井聡CEO)の協力で実現した。

 アダストリアは「グローバルワーク(GLOBAL WORK)」や「ニコアンド(NIKO AND...)」、「ローリーズファーム(LOWRYS FARM)」など20超のブランドを国内外約1500の店舗と「.st」で展開。7月には女性会員向けに、好みに合った商品が定期的に届くサービス「ドットスタイリスト([.st]ylist)」をローンチした。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

辻愛沙子と語り合う業界に必要な新しい教養 見た目に伴う先入観や偏見を考えよう

6月14日号の「WWDJAPAN」は、社会派クリエイティブを追求する辻愛沙子アルカ最高経営責任者(CEO)監修のもと、社会課題にまつわる“新しい教養”を対話しながら学びます。コーヒーを片手に社会問題を語り合う、大人に向けた新しい教育の場「ソーシャルコーヒーハウス」を立ち上げた彼女と、ファッション&ビューティ業界だからこそ大切に考えたい、見た目や容姿にまつわる偏見や先入観について対話します。一般的に…

詳細/購入はこちら