ニュース

「シャネル ナンバー5」が初の真っ赤なボトルで登場

 「シャネル(CHANEL)」がアイコニックなフレグランス「ナンバー5(No. 5)」のホリデー限定ボトルを11月2日に発売する。メゾン初の試みとして、ホリデーを華やかに彩る真っ赤なパッケージで登場する。
 
 創業者のデザイナー、ココ・シャネル(Coco Chanel)は生涯フローラルアルデヒドの香りを愛していた。「ナンバー 5」はその香りを閉じ込め、さらに“女性そのものを感じさせる、女性のための香り”として誕生した。そのイメージを表現するのに選ばれた赤は、ココが“命の色”“血の色”と表現しているカラーで、さまざまなトーンや素材を通してコレクションにも用いられてきた。また彼女の情熱や、人生にさまざまな影響を与えた男性に対する愛を示している色でもあり、「ナンバー 5」の広告キャンペーンにもたびたび登場する。

 今回、オードパルファム「ナンバー5 オードゥ パルファム」100mL(2万円)とオードトワレ「ナンバー5 ロー オードゥ トワレット」100mL(2万円)の2種を発売する。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

表と裏の古着市場 米リセールECと日本の“川上”を徹底調査

「WWDJAPAN」1月17日号の特集は「表と裏の古着市場」です。中古品市場はのみの市や古着店、リサイクルショップなどの実店舗を中心に昔からあるビジネスですが、時代に合わせて大きく変化しています。特に米国の若者はサステナビリティへの関心も高く、節約やおしゃれのためだけでなく、環境保護の観点から古着を選ぶ人も多いそうです。

詳細/購入はこちら