ファッション

「ルイ・ヴィトン」からヴァージル・アブローによる新ファッションジュエリー登場

 「ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)」はメンズ アーティスティック・ディレクターのヴァージル・アブロー(Virgil Abloh)による新たなファッションジュエリー・コレクションを発表した。レッドカーペットの主役となるラグジュアリーなピースから日常使いできるカジュアルなものまで、さまざまなシーンにマッチするジュエリーをそろえる。2019プレ・フォール・コレクションのアイテムと共に一部の店舗で販売している。価格帯は6万9000〜38万3000円。

 同コレクションは19春夏メンズ・コレクションに登場したアクセサリーやレザーグッズにあしらわれたメンズウエアのチェーンを再解釈したもの。クラシカルなキューバンリンクから着想を得て、ヒップホップやスケートカルチャーのほか、さまざまなコラボレーターたちの幅広い文化的要素をデザインに取り入れた。メンズジュエリーの伝統に根ざし、素材やフォームにもこだわった。

 コレクションの主要テーマ“レインボーストーリー”にちなんだマルチカラーのチェーンはダイバーシティーへのオマージュだ。オレンジとブルーのエナメル、ビンテージ風に仕上げたゴールドカラーの光沢感を持つ真鍮、モノグラムの刻印が施されたパラジウム仕上げ、隙間なく敷き詰められたさまざまな色合いのクリスタルが1本のチェーンとなって連なる。

 またモノグラムがアーティスティックなパターンで散りばめられた全面パラジウム仕上げのバージョンを展開。2つのホワイトセラミックバージョンには、パラジウム仕上げの真鍮にエンボス加工でモノグラム・モチーフを施したペンダントとセラミックシグネットリングをそろえる。すべてのネックレスとブレスレットには、革新的で新たなクロージングシステムを採用した。クラスプには、登録商標を表す“Louis Vuitton”と“R”の文字が刻まれている。

最新号紹介

WWDJAPAN Weekly

2024-25年秋冬のトレンド総まとめ 鍵は「退屈じゃない日常着」

4月15日発売の「WWDJAPAN」は、毎シーズン恒例のトレンドブックです。パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で発表された100以上のブランドから、アイテムや素材、色、パターン、ディテール、バッグ&シューズのトレンドを分析しました。豊富なルック写真と共にお届けします。

詳細/購入はこちら

CONNECT WITH US モーニングダイジェスト
最新の業界ニュースを毎朝解説

前日のダイジェスト、読むべき業界ニュースを記者が選定し、解説を添えて毎朝お届けします(月曜〜金曜の平日配信、祝日・年末年始を除く)。 記事のアクセスランキングや週刊誌「WWDJAPAN Weekly」最新号も確認できます。

@icloud.com/@me.com/@mac.com 以外のアドレスでご登録ください。 ご登録いただくと弊社のプライバシーポリシーに同意したことになります。

メルマガ会員の登録が完了しました。